FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

Andrew Yang (アンドリュー・ヤン)とMATH

他の国や国民を羨ましいと思うことはそれ程ないのだが、
Andrew Yangのような大統領候補者が出てくるアメリカはいいなあと思ってしまった。

それだけ今のアメリカの状況が酷いという見方も出来るのかもしれない。
酷い状況だからこそ有能な人(または少なくともそう見える人)が目立つと。
しかし、それを差し引いて考えても、
Yangのスピーチには見入ってしまう魅力があるのも事実だ。
他の国においても、また過去の大統領選においても、
税金や社会保障、教育、外交の話が面白くなることは中々ないのだが、
Yangの話は直接的な利害関係のない日本人の自分が聴いていても面白い。

保守派の論客、左派をこき下ろすのが大得意なBen Shapiroですら、
Yangとの議論は楽しんでいる様子が伝わって来るし、リスペクトも感じ取れる。
Joe Rogan(UFCの人!)とのトークも面白かった。
先日開催されたオハイオでの候補者討論会でも限られた時間でしっかりとした存在感を示した。
個人的には圧倒していた印象だ。

18歳以上の国民には1,000ドル/月のベーシックインカムをというのが主たる主張で、
他の候補者との大きな差別化に繋がっている。
面白いのはそのラジカルな政策だけではない。

スピーチで繰り返される
「トランプの真逆は数学の得意なアジア系!」
という挑発的なパンチライン。
トランプ大統領の「MAGA(Make America Great Again)」に対する、
「MATH(Make America Think Harder)」という秀逸なコピー。

トランプは「数学の出来ない白人」という皮肉にもなっているが、
後者は当然算数(Math)とも読め、
「アジア人は算数が得意」というステレオタイプ自体もジョークにしてしまっている。
(実際、SAT等での平均点は高いのだが。)

何気なく見始めたYangのスピーチに見入ってしまい、
気が付けばすっかり「Yang Gang」になってしまった。
ここでもしっかりライミングしてるし、
アジアテイストがWu-Tang Clanっぽくていい。

今のところ大手メディアにはあまり注目されてはいないが、
New York Times等の大手メディアは4年前にも大コケしているので、
今回もそれに期待してみたい。
スポンサーサイト



Comments


Body

« »

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR