FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

2016年のコメ輸出量と縫製工場の撤退?

2017年のカンボジア経済を占う上で、
興味深いデータを見つけた。
いずれもカンボジア経済にとっては重要な位置を占めるコメと縫製に関わる統計だ。

まず、コメについてだが、
2016年の精米輸出量が54.2万トンであったそうだ。
2015年の53.8万トンからは0.7%の伸び、
ほぼ横ばいである。
(2014年は38.7万トン。)

2015年までに100万トンという政府目標は結局達成されず、
今でもその半分というが現状である。
政府はコメの増産、収穫能力の強化、精米量の増加、輸出のためのマーケティングに力を入れて来たというが、
十分な効果がなかったことを認めつつある。
地方の村レベルで見れば、
政府の努力が感じられないのが実情であろう。

稲作、精米業界の問題は何度か書いてきたとおりだが、
2017年も大きな挑戦の年となりそうだ。

縫製に関する統計は、
工場の閉鎖が増えつつあるというものだ。
政府発表によると約1,000ある国内の工場のうち、
2016年、141の工場が閉鎖したといい、
2015年の倍近い数になったそうだ。

政府は昨年1年間で149の工場が新にオープンし、
全体の数としてはむしろ増えているため、
不安視する声を否定しているが、
気になる数字である。

業界団体のGMACは、
全体の生産量は20~30%低下しているといい、
政治不安、労使問題、競争力の低下が撤退の背景にあると指摘している。
上がり続ける労賃も影響しており、
今後この傾向は強まると考えるのがロジカルであろう。

さて、来年の今頃はどんな数字を見ることになるのだろうか。
スポンサーサイト



Comments


Body

« »

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR