FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTTの新店舗戦略

バッタンバンも含めカンボジアの各地でガソリンスタンドチェーンを展開して来たPTT。
日本人にはあまり馴染みがないかもしれないが、
日本語ではタイ石油公社と呼ばれる。

カンボジアにおいては、
ライバルのCALTEXやTOTALに比べ店舗数も少なく、
若干マイナーなイメージが強かったように思われるが、
元々はフォーチュン500やフォーブス2000にもランクインするタイを代表する大企業である。
カンボジアの経済成長を見越してか、
このところ新たな店舗戦略に乗り出しつつある。

PTT 1

新たな戦略は、
簡単に言えばタイ式のガソリンスタンドの展開である。
まだ、数は少ないがシェムリアップ市内にある店舗は、
タイで一般的なガソリンスタンドそのままと言っていい造りだ。
特徴はガソリンスタンドを囲むようにして並ぶコンビニや飲食店。

PTT 2

CALTEXやTOTALでも、
自前のコンビニが併設されたスタンドは珍しくないが、
PTTでは他社ブランドを引き込むことでバラエティを加えている。
また、ちょっとした庭園やトイレ等のアメニティにもタイ式の取り入れている。

同様の店舗を作るにはそれなりの土地が必要となることから、
これを一気に拡大していくのは難しいかもしれないが、
郊外店ではこうした流れが広がるかもしれない。
今後の売り上げ次第だろうか。

本場タイのように品数豊富なコンビニがあれば、
入り浸ってしまいそうな気がしている。
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。