FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍「人間の性はなぜ奇妙に進化したのか」

世界的な作家であり研究者であり、
あちこちで紹介され、語りつくされてきたダイアモンドの書籍を、
今更紹介する必要もないように思うが、
カンボジアという切り口で紹介じみたことをしてみようと思う。

ダイアモンド自身についての紹介は割愛。

原著のタイトルは「Why is Sex Fun?」(なぜセックスは楽しいか?)。
ダイアモンドのような学者でなければ、
興味本位の低俗な内容となりそうなものだが、
この問いも含めた人間の性にまつわる問いにつき、
非常に軽快なタッチで様々な研究結果や学説を紹介していく。

大学に入りたての頃に読んでいたら、
専攻が変わってしまっていたのではないかと思うほど刺激的な内容である。
社会学のトレーニングを受けた立場としては、
「Nature v. Nurture」(生まれか育ちか?)の議論においては後者を支持せざるを得ないのだが、
人類学、生物学の視点が無視出来ないものであることをあらためて認識させられた。

本書の中で特に目を引いたのは、
男は何の役に立つのかという厳しい問である。

「メスと子に提供されるサービスという点で、ほとんどの哺乳類のオスは精子を注入する以外は役立たずである。彼らは交尾が終わるとメスと別れるので、子を養い、守り、しつけるという重荷はそっくりメスが負うことになる。しかしヒトの男性は(常にではないが、たいていは)相手と子のそばにとどまる。その結果としてつけ加わった男の役割が、われわれ人類の最も大きな特徴の進化に決定的な役割をはたしたと、多くの人類学者は考えている。」(P. 148)

その役割とは、古い時代においては「狩り」であり、
現代社会においては「金を稼ぎ、食物を家に持ち帰る」というものである。
しかしながら、
なんとなく納得してしまいそうなこの仮説についての研究は、
これとは全く逆の結果を示しているという。

パラグアイで行われた調査において、
女性が子育ての合間にヤシを砕いて取ったでんぷんや集めた果実や昆虫の幼虫のカロリー量は、
男性が狩るイノシシやシカ、ハチミツのカロリー量よりも大きいというのだ。
しかも、男性は捕った獲物の3/4を家族外に分け与えてしまうという。
他の国で行われた調査でも類似した結果が示されたというから興味深い。
(しかしながら、狩りのうまい男性のほうが部族内ではモテるというから不思議な話である。)

現代社会においても同様で、
女性は仕事と子育てという2重の役割を果たすことが求められる一方、
男性は仕事に集中しがちであり、
男だから出来るという役割がなくなりつつあるというのが現実であろう。

カンボジアを含めた「南の国」において、
男性と比べ女性のほうが働き者であるというのは、
こうした国で暮らし、仕事をしたことがある人間にとっては納得がいくところではないだろうか。
事実、カンボジアの経済統計を見れば、
ビジネスオーナーの半数以上が女性であり、
家計を握っている女性も少なくない(この点については微妙なところであるが)。
他方、レストラン、飲み屋街、市場、様々なところで、
「旦那が新しい女をつくって逃げたから、私が仕事をして養育費を稼いでいる。」という話もよく耳にする。
そして、金のない男はなかなか結婚出来ないというのも現実だ(この点についても調べた訳ではないが)。

ここにおいても金のある(食物を持って帰れる)男が好まれる割りに、
実際にはあまり役に立たない男というイメージが浮かびあがってくる。

「カンボジアの民話世界」においては、
「女の世渡り」、「怠け者の完璧な妻」と題された男女にまつわる2つの伝承話が紹介されており、
後者は「役立たずの男」をまさに示した話である。

話は若干逸れるかもしれないが、
カンボジアにおけるジェンダー研究で見逃せないのは「チュバッブスレイ」(女性訓)であろう。
これは2007年までは中学校で教えられていたもので、
女性省からの要望により縮小されたものの、
現在においても一般論として賛同を得ている考え方である。

この女性訓には男尊女卑的な意識が強く反映されており、
上記を踏まえれば、
大して役に立たない男がエラソーにしているということになろう。
(翻って、我が国においては女子力の高い男子やイクメン等、
男性が女性の伝統的価値観、役割に寄って来ているという現象があるのは興味深い。)

さて、こんなことをズラズラ書いてきた男の私。
何かの役に立っているのだろうか?

本書にはこのような興味深い仮説や研究結果がふんだんに盛り込まれているので、
特にジェンダーについて関心のある方にオススメしたい一冊である。

スポンサーサイト

Comments

ごぶさたです 
何も役に立っていないことを改めて突きつけられた気分です。
このブログがまだ続いているのは、今月一番の驚きでしょうか。
変わらずソックサバーイなようでなにより。こちらは農業をはじめました。
ではまた、いつか。
Re: ごぶさたです 
本厄いかがお過ごしでしたでしょうか?
こちらは相変わらずカンボジア版タモリ倶楽部のような生活です。

Body

« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。