FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

バッタンバンの農村にあるモスク

バッタンバンの町からトンレサップ湖寄りにはモスクのあるイスラム系集落がいくつか見られるが、
農村部でモスクを見かけることはあまりない。

そんな中、仕事でおとずれた村でモスクを見かけた。
村人は全てイスラム教徒とのことだが、
詳細な村の成り立ちについては聞けずじまいとなってしまった。

カンボジアについてはまだまだ分からないことが多く、
イスラム教徒の歴史についても不明な点が少なくない。
カンボジアにおいてイスラム教徒と言えばチャム族を指すのが一般的で、
現在のベトナム中部にかつて存在していたチャンパ王国から広がったとされているようだ。
他地域に一部見られるような過激な教義はなく、
他宗教の住民とも平和的共存がなされている点にも注目である。

Mosque.jpg

プノンペン北部から国道5号線を北上すると、
コンポンチュナンまではモスクを多く目にするが、
そこからは皆無に近い状況となる。
(いつか実際に数を数えてみよう。)
バッタンバンにおいては上述のとおり、
町中を流れるサンカエ川の北側にイスラム系住民が多く見られる。

カンボジアのチャム族は漁業従事者が多いため、
水辺近くに集落があるのはなるほどである。

バッタンバンの歴史を見れば、
そもそも多くの民族が暮らす町であったことは間違いなく、
領主が変わる度に新たな人々、民族が流入し、
現在のバッタンバンが形成されたと考えられる。

トンレサップから離れたイスラムの村の歴史を調べることで、
新たなバッタンバンの成り立ちを垣間見れることにもなりそうだ。

余裕があれば調べてみたいテーマの1つである。
スポンサーサイト



Comments


Body

« »

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR