FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

書籍 「Portfolios of the Poor」

Portfolios of the Poor: How the World's Poor Live on $2 a DayPortfolios of the Poor: How the World's Poor Live on $2 a Day
(2010/11/29)
Daryl Collins、Jonathan Morduch 他

商品詳細を見る

最底辺のポートフォリオ ――1日2ドルで暮らすということ最底辺のポートフォリオ ――1日2ドルで暮らすということ
(2011/12/23)
ジョナサン・モーダック、スチュアート・ラザフォード 他

商品詳細を見る

1日2ドル以下で暮らす人々はどのようにお金のやりくりをしているのであろうか?

この質問に正面から向き合ったのが本書である。


この本の基になったのはバングラディシュ、インド、南アフリカで行われた

「ファイナンシャルダイアリー」と名付けられた家計調査で、

その概要は、計250世帯を対象に、1か月に2度、1年をかけて、

それぞれの家庭の日々の収入や支出、借金に関する聞き取りを行い、

バランスシート、キャッシュフローを分析するというものである。


この調査は質的なものであり、

本書もルポ的な手法で書かれているため、

結論として導き出されるのは数式を駆使したようなものではなく、

多くの実例検証から見える「貧困層」共通の課題(障害)と彼らがその課題に対応する様だ。


共通の課題とは、
収入が少ないだけでなく、不定期で予測がつかなというものだ。

「1日○ドル以下」という表現は様々なところで耳にするが(この本では2ドル以下)、

これはあくまで平均の話であり、

実際にはこれら「貧しい」世帯は、

いつ、どの位の額の収入があるか分からない中で日々の生活を送っているである。


そして、これらの世帯は、こうした困難な状況に対し、

①日常的な家計のやりくりのため、

②リスクに対処するため、

③まとまった資金を蓄えるために、

アクセスが可能な多種多様な金融ツールを利用することで対応しているという。

(そして、既存の金融機関が十分なツールを提供できていないことも障害であるとされている。)


筆者らの言葉で言えば、

「われわれが出会った貧困世帯は、貧しいにも関わらず積極的に金融ツールを活用しているのではない。貧しいからこそそうしているのだ。」


本書ではマイクロファイナンスへの世界的な注目にも呼応し、

1つの章がこのテーマに割かれている。


対象となっているのが、

バングラディシュのグラミン銀行による「グラミンII」のみであるため、

非常に限定的な内容ではあるが、

利用者たちのファイナンシャルダイアリーからは、

彼らがこのサービスを非常に柔軟なやり方で利用していることがうかがえる。


つまり、

グラミンのローンの約半分は、

事業目的や資産の取得/維持といった「生産的投資」ではなく、

他世帯への貸付、借金の清算、消費等、

日々の状況に応じながら利用されているという実情である。


本書の最終章においては、

貧困層にとって使い易い金融ツールのアイデアが提示されている。

具体的には、

小口の貯蓄口座や長期的な貯蓄商品、多目的ローンといったものだ。

今後更なる調査・研究を通じて、

検討、吟味されていくべきテーマであろう。


バン長が今年2月から実施している家計調査では、

この本及び基となった調査に倣い、

バッタンバン農村部のファイナンシャルダイアリーの作成とその分析を行っている。


調査対象も3村27世帯とかなり小規模ではあるが、

それでも1回の聞き取りには丸一日、

この整理には更に数日を要する作業となっている。


結果が見えてくるのはまだ先のことだが、

その如何に関わらず、

本書同様、カンボジアの貧困問題に関する分析と提案になるのではと期待をしているところだ。


スポンサーサイト



Comments


Body

« »

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR