FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

インターンとボランティア

このところ、
「XXのインターンの○○」という紹介で人に会うことが増えた。
そして、
「1年大学を休学して、インターンを・・・。」という補足説明が入ったりする。
(〇〇の部分は何故か皆ファーストネーム。)

就職に有利だからというのが、
インターンに参加する理由の1つなのだそうだが、
本当に有利なのだろうか?
この国に来る若者の多くがインターンかボランティアのため、
大した差別化が出来ているようにも見えない。

仮にそれを評価する会社があるとすれば、
「カンボジアの〇〇で1カ月インターンをしていました。」
ということが、
「練馬のファミレスで4年間バイトしてました。」
よりも評価されるということなのだろうか。
後者は後者で長期間、責任を持ってお金を稼いだという点で評価も高いように思われる。

アメリカで大学に通っていた20年程前、
かの国ではインターン制度は一般的であったが、
日本ではほとんど浸透していなかったように思う。
日本の学生と言えば、
あくまでアルバイトであって、インターンではなかったはずだ。
年配の方であれば、
「研修医」という意味で使用・理解している人もいるであろう。

アメリカでのインターンには無給、有給があり、
比較的高度な知識・技術を要する職場で経験を積むという点が、
アルバイト(パートタイムの仕事)との違いであったように思う。
カンボジアの職場は、
プロの道を歩む上で必要となる知識・技術を提供する場になれているのだろうか?

以前はボランティアでカンボジアという若者が多かったが、
それにもやはり就活でのアピールという意味合いがあったように思う。
彼らはそれによってしっかりと仕事に就くことが出来たのだろうか?

学生は自らの将来設計について、
しっかりと考えて欲しいと、
大した人生設計のない自分は思ってしまうのだ。
頑張れ、日本の若者!
スポンサーサイト



Comments


Body

« »

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR