FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

米輸出の不振

スロースタートで幕を開けた今年の米輸出は、
その後も不調が続いている。

統計上は昨年並みの輸出量とのことだが、
州内の精米所では、
昨年末に収穫された新米が売れずというところが少なくない。
業界関係者によれば、
輸出向けの米の約8割が売れずのままとのこと。

一番の問題は、
タイやベトナムの輸出米の価格が下落していることと言われている。
タイにおいて政府米が市場に出されたことが最大の原因だという。
隣国の精米価格はカンボジアを1割程度下回るレベルとの報道もある。

タイ、ベトナムそれぞれの国の輸出米の価格決定には、
政府の役割が少なからず関係している。
その点で言えば、
カンボジアの政策はほぼレッセフェール的(無策?)だ。

政府からの支援がない場合、
精米の値段は当然ながら、
籾の価格、精米にかかるコスト等によって決められていく。
それぞれの段階における価格を調べてみると、
現実が厳しいものであることが分かる。

コメに限らず、
野菜や畜産の分野でも隣国との価格競争で厳しい戦いを強いられているカンボジア。
安価な労働力頼みの戦略だけでは、
厳しい戦いが続きそうな気配である。

目標を掲げるだけでなく、
そろそろ具体的な施策が必要なのではないだろうか。
スポンサーサイト



Comments


Body

« »

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR