FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

カンボジア農村地域におけるマイクロファイナンスの役割 6

個々の世帯の家計記録からも、
MFユーザーの傾向を読みとることができる。

以前も触れたAさんの世帯について、
約100ドル以上の収支、貸借に絞って家計を見てみよう。

2012年
3月 MF1借入350ドル
4月 
5月 農業支出333ドル、PB1借入200ドル、IML1借入125ドル
6月 農業支出163ドル、IML1返済125ドル、MF2借入95ドル、PB2借入100ドル
7月 
8月 治療費・薬代金支出187ドル、IML2借入125ドル
9月 牛1頭売却収入475ドル、IML2返済138ドル、PB2返済110ドル
10月 
11月
12月 農業収入625ドル、IML3借入350ドル、MF1返済364ドル、MF3借入350ドル、IML3返済368ドル

2013年
1月
2月
3月
4月
5月

農業での支出が多くなる5月から借金が増えていることが分かる。
返済期間が厳密でないIMLやPBは、
比較的短期で返済する傾向があるようにも見える。

5月以降、農業収入が入るまでの時期は他の収入、借金と資産売却(牛)で生活を繋いだものの、
12月の農業収入(コメ)が借金の返済には十分ではなく、
MFローンの返済もできなかったため、IMLからの借金で繋ぎ、
最終的には新たなMFローンを借りたというのが大まかな流れと言えよう。

12月の資金のやり繰りはかなり煩雑であるため、
以前のやりとりに若干の修正を加え、
もう一度まとめておこう。

3月 MFI A社より350ドルの借入
11月19日 高利貸し Xより350ドルを借入
11月20日 MFI A社へ364ドルの返済
12月1日 MFI A社より350ドルの借入(新規ローン)、高利貸し Xへ368ドルの返済

3つのMFローンの用途、返済を見てみると、
MF1の用途は詳細不明ながら農業、返済はIMLからの借金、
MF2の用途はお金の出入りの激しいタイミングであるため資金繰りのため、返済は日雇い収入等、
MF3の用途はIMLへの返済のためと言えそうだ。
(更にはこのIMLからの借金はMF2の返済のためであったから、
MF2の返済のためにMF3を借りたとも言える。)

2013年5月現在、
PB1の200ドル、MF3の350ドルが未返済で、
他借金と合せた負債額は719ドル。
昨年の4月時点では350ドルであり、
1年で借金が約2倍になったことになる。

(続く)
スポンサーサイト



Comments


Body

« »

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR