FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍 「カンボジアの民話世界」

カンボジアの民話世界カンボジアの民話世界
(2003/12)
高橋 宏明

商品詳細を見る


知り合いから頂いたカンボジアの昔話本。
1921年から採集と編さんが開始され、
1959年から1971年にかけて出版された「クメール民話集」(全9巻)の抜粋・翻訳本である。

桃太郎やさるかに合戦を読んで、
現代日本の全体を理解することに無理があるように、
カンボジアの昔話を読んで、
今のカンボジア社会を理解する訳にはいかないが、
理解の助けにはなりそうだ。

比較的伝統的な社会で暮らすカンボジアの人々だけに、
日本よりもその意味は大きいように思われる。

本書には11編のおはなしが選出されているが、、
多くのカンボジア人にとって馴染みのあるものばかりだ。

話に出てくるのは人間だけでなく、
ウサギ、カメ、カラスといった日本の昔話にも馴染み深いものや、
水牛、ニシキヘビといったカンボジアならではのものもある。

おななしそのものについては、
それを読んでのお楽しみというところだが、
日本の昔話のように子ども向けに「加工」されていないものも含まれており、
なかなかおもしろいということだけは言っていこう。

各章毎には「解題」が付いており、
それぞれの昔話について文化的な説明がなされている他、
巻末には「カンボジアの民話世界とクメール人の世界観」という小論も付されている。

小論は以下の3部から成る。
1.カンボジア近代史を民話の「発見」
2.フランス植民地以前のカンボジア社会と民話の世界
3.クメール人の空間認識

3.で示されるのは、
「村」(スロック)と「森」(プレイ)の対比である。
クメール人の暮らすのがスロックだとすれば、
野獣や少数民族が暮らすのがプレイとなるのだそうだ。
都会や町に住むのはやはり特権階級や華人ということになるのだろうか。

カンボジアの本屋さんに行けば、
こうしたおはなしが絵本になって売られている。
日本語のものはないが、
英語版はあるので興味のある方はそちらも是非。
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。