FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

孤児院を巡る議論

Phnom Penh Postの記事で、
プノンペンのファッションモデルらによる孤児院訪問に関する問題が取り上げられていた。

プノンペンのモデル会社が、
所属モデルらの孤児院へのvacation tripについてfacebookに投稿したところ、
反対意見が多く出されたという話だ。
会社側はモデルは単なるファッションアイコンではないとし、
これまでも同様の訪問を行ってきていることから、
急に問題視されるようになったことに困惑しているという。

反対意見は、
孤児院へのvacation tripや、
外部者の孤児院訪問自体が禁じられるべきというものである。
UNICEFや専門NGOの意見に沿ったものと言えよう。

孤児院の問題については何度か書いてきたが、
ここで1つ訂正。

UNICEFが60万人としてきた孤児の数は、
正確には56.5万人の「Single Orphan」と6.2万人の「Double Orphan」から成るそうだ。
前者は片親がいる孤児、後者は両親ともいない孤児。
1990年代中頃にHIV/AIDS孤児の問題が注目されるようになったことをキッカケに、
こうした定義を使用するようになったとそうだ。
56.5万人のSingle OrphanはHIV/AIDSで片親を亡くした子ということだろうか?

マイクロファイナンス然り、
実情がよく分からない中、
それを無条件に賛同し、後押ししていく人たち、
孤児院訪問をすることで受動的ながらも後押ししてしまっている人たちが増えているのは問題であろう。

議論も大切だが、
やはり調査、研究が必要であるように思われる。
スポンサーサイト



Comments


Body

« »

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR