FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

契約栽培

地元政府内、農村で話題となりつつあるコントラクトファーミング(契約栽培)。
近年、こうした形態で農業と関わる外国企業も増えつつある。

簡単に言えば、
売り手である農家と買い手の間の農作物の生産と買取に係る契約を結ぶというもので、
日本などでは生産方法を規定することで品質を守るという目的もあるが、
カンボジアでは作物の価格保証、量の確保という意味合いが強い。

以前も書いたとおり、
農家が抱えるリスクには、
天候など栽培に関わるものと、
販売に関わるものがあり、
コントラクトファーミングは後者のリスクヘッジに役立つと考えられる。
実際、農民にとっての利益を示す調査報告も出されている。

しかしながら、現在、州内で行われているコントラクトファーミングにおいては、
買い手が一方的に契約内容を変更するなどし、
売り手が損をするという問題も発生している。
相場が下がったから買取額を変更を迫るといったもの、
そもそも買取らないといったもの。
やはり、買い手の力が強い故であろう。

資本のない農民に資本提供、
農民の側からすれば借金で作物を栽培するといったケースもあるそうで、
農民への影響が懸念されている。

農民の間ではコントラクトファーミングという仕組み自体に対する不信感も増しており、
今後のどのように展開していくのかが注目されている。

市場価格が上がれば、
そちらになびいてしまう農家がいることも事実。
利益とリスクのバランスがサステイナブルな仕組みとなるための鍵であろう。
スポンサーサイト



Comments


Body

« »

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR