FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

書籍 「民話の思想」

本書を読み、子どもの頃に慣れ親しんだ昔話のことや、
カンボジアで見聞きした話のこと等、
様々なことに考えを巡らせることとなった。

子どもの頃に読んだ民話(というよりは童話や昔話)には何か教訓めいたものがあり、
簡単に言えば、正直で勤勉に生きることが正しいという価値観があったように思う。
「花咲じいさん」、「サルカニ合戦」、「鶴の恩返し」といった日本の昔話に限らず、
「金の斧、銀の斧」、「ウサギとカメ」、「アリとキリギリス」等といったお話にも、
そんな価値観が反映されていたように思う。

本書では日本各地に伝承されて来た様々な民話が紹介され、
その中に透けて見える伝統的な価値観、思想についての考察が行われる。
似たような話でも場所や時代によって異なる展開や結末であったりするのも面白い。
本書における価値観、思想についての考察は、
「善人と悪人」、「民話と外来思想」の2つに大きく分けられる。

前者については、「またうど」という人の在り方に係るものが中心だ。
これは「花咲じいさん」で言うところの「正直じいさん」に当たり、
子ども向けの昔話においては「正直じいさん」は「意地悪じいさん」という単純な対比となるのだが、
元の民話における「またうど」はもう少し複雑な定義を持ったものであるそうだ。

「またうど」は名詞であり、完人、全人、正人、真人の字が当てられ、
いずれも「またい」者のことを指す。

では、「またい」とは?
明代の中国で書かれた「日本風土記」では、
「至誠人」が「莫打許多(注:マタヒトの音訳、またい人」と訳されているそうだ。
「またい」の1つの解釈は至極誠実であることとなる。
また、1603年刊の「日葡辞書」では、
「純な、素直な、また、正直な」となっているそうだ。(P. 14)
1867年刊の「和英語林集成」では「またい」のシノニム(類義語)として、
「スナオ」、「オトナシイ」が挙げられているとのこと。(P. 22)

温和にして「腹立てず」の性格が、「またうど」の要件であったことは、『仁勢物語』第10段、「父はまたうどにて、母なむ立腹なりける」という一説に語りつくされていよう。(注:「花咲じいさんの元の1つである「枯れ木に花咲かせ親仁」が)愛犬を惨殺され、いじわる爺から、「泣く事はござらぬ」などと叱られながら、腹も立てず、文句も言わずに、松の木を受け取って帰る「オトナシイ」性格。「オトナシイ」という性格は、「弱い」という性格に通ずる一面を持つ。特に、「またい」の語を「弱い」という意味で使用している高知方言(『上ノ加江町史』)の存在をかえりみるとき、正直で温和なこの爺さんが、いかに昔話の主人公たるにふさわしい善良な弱者だったかということがよく理解されると思う。(P. 23-24)

おとなしさも、お人よしも、ここまでくれば、ほとんど即身成仏の感がある。いわゆる「仏のようなまたうど」(幸若「鳥帽子折」)として、生きながら仏の待遇を受けたのも、もっともだといわなくてはならない。むろん、いつの時代にも、知識人は、こうした種類の善人を、軽蔑の眼でしか見ようとはしない。(中略)
馬鹿だろうが、お人よしだろうが、伝統志向型の社会においては、「正人(またうど)」こそが善の理想像であった。(P. 59-60)

正直、親切、勤勉といった好ましい性格が「またうど」の要素ではあるが、
同時におとなしく、弱いといった一見マイナスの要素もこれに含まれているのだ。

そして「またうど」と対比されるのが「隣の爺」である。
「花咲じいさん」でいう「意地悪じいさん」がこれに当てはまる。

(省略)あるときは「いじわる」。あるときは「慾深」、あるときは「怠惰」など、さまざまな角度から描写されている、あの隣の爺は、いったいどのような呼称で包括的に把握したらよいか。かれのばあい、その性格的特徴は、慳貧性と懈怠性の二つに要約された。(P. 114)

まとめれば、本書における佐竹の主張は、
日本の民話における善人の象徴が「またうど」であり、
悪人の象徴が「隣の爺」という価値観が基本構造にあるというものになる。

それでは、外来思想の影響とは何か?
仏教思想に基づく「因果」、
儒教思想に基づく「天命」、
両者と関連する「孝」である。
(「孝」の要素は外来思想とは別にそもそも「またうど」の要素であったとも理解されるようだ。)

日本の民話は「またうど」、「隣の爺」という基本構造をベースに、
こうした外来の思想が加わり、様々な形で発展し、伝承されて来たというまとめになろうか。

しかしながら、色々な昔話を考えてみると、
「桃太郎」や[金太郎」やのように語り継がれてはいるものの、
あまり思想や教訓めいたものがないものもあるように思われる。
これらの話はどのようにして語り継がれるようになったのだろうか?
娯楽の少ない時代のエンタメだったと片付けてしまっていいのだろうか?

次は「カンボジアの民話世界」や他のカンボジアの民話集に当たって、
日本の民話との類似性や非類似性について考えてみたいと思う。


スポンサーサイト

 

« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。