FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

コンテナバー

プノンペン、シェムリアップ、ポイぺトと続いたコンテナバーが、
バッタンバンの川沿いにも登場した。

オープン早々に中年の友人と訪れてみたが、
主たる客層は地元の若者。
スマホを片手に写真を撮る姿は日本の若者と同じなのであろう。

Container Bar 1

音楽がうるさいのはカンボジアの飲み屋(ビアガーデン)としては当たり前なので我慢するとして、
コンテナに合わせるためか、
ちょっと高めに設定された椅子には居心地の悪さを感じてしまう。

Container Bar 2

中は確かにきれいに作られており、
スマホで写真を撮り、facebookにアップし、「いいね」をもらうのには都合がよいのだろう。
instagramはそれ程やっていないように思うので、
facebook映えするということか。

Container Bar 3

プノンペン、シェムリアップ、ポイぺトのいずれでも訪れてみたが、
椅子だけでなくなんとも言えない居心地の悪さのみを感じてしまう。
ビールを片手にその居心地の悪さについて、
簡単に分析をしてみた結果が以下である。

・別にコンテナでなくてもよい。
・それ程目新しいメニューがある訳ではない。
・音楽がうるさくて会話が大変。
・椅子が高い。
・若者が多く疎外感がある。

ネガティブな発言だけとなってしまってはよくない。
ここから若者たちの新たな友情や恋が芽生えることを、
少し遠くから祈ることにしよう。
スポンサーサイト

 

Café AmazonとKFC 

チェーン店の進出については数年前に記事にしているが、
また新たな波が続々と押し寄せて来ている。

まずは、このところプノンペンで無限増殖を続けているCafé Amazon。
これまでにオープンしているのは国道5号線の独立店と、
以前紹介したPTT内の店舗の2つ。

プノンペン同様、
シックなデザインの独立店に対し、
PTT内の店舗はアマゾンチックなデザイン。

Amazon 1

Amazon 2

Amazon 3

プノンペンやシェムリアップ同様、
客層は若者が多く、
コーヒー自体を楽しみというよりは、
その場にいるステータスやお洒落感を楽しむのが主目的と思われる。
実際、ガツンとしたコーヒーのオーダーは稀で、
甘いコーヒー飲料が売れ筋である。
一昔前の日本のスターバックスに似た状況と言えよう。

そして、日本でもお馴染みのKFCも川沿いにオープンしている。
フレンチコロニアル建築の建物の外観はそのままの形で利用しているところには、
敬意を表したい。

KFC.jpg

これらの他、
やはりプノンペンやシェムリアップで人気のコンテナバーや、
韓国風ラーメン、韓国系カフェチェーン店等もこの数カ月でオープンしており、
街の雰囲気もどんどん変わって来ている印象だ。

国内政治の動きなぞどこ吹く風。
若者にとってはお洒落であること、先端を行っていることのほうが大切というのは世の常なのかもしれない。
カンボジアの友人ら(皆軒並み中年)とは、
若者が多い店には入りにくいという共通の見解で一致している。

発展への喜びと過去への郷愁の間でオロオロする。
これぞオールドスクールの在り方である。

次回は意を決してコンテナバーについて記事を書いてみようと思う。

 

« »

12 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。