FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

2016年及び2017年上半期地雷・不発弾被害者数

疎かになっていた地雷除去・不発弾被害者数について、
まとめておこう。

2016年のCMVIS(Cambodian Mine Victim Information System)、
2017年上半期(1~6月)の統計を基にした被害者状況は以下のようにまとめられる。

2016年の地雷・不発弾の事故件数は72件、被害者数は83名。
内訳は、
地雷事故数が45件、不発弾事故が27件、
事故被害者は42名が地雷、41名が不発弾によるもの、
25名が死亡、58名が負傷。

州別の被害者数では、
バッタンバン州が16名で最多、
プレアビヒア州が、バンティアイミアンチェイ州が各11名、
オッドーミアンチェイ州が9名、
パイリン州、ポーサット州、コンポンチャム州が各7名、
クラチェ州が4名と続いている。

2015年の被害者数は111名、
2014年は154名、
2013年は111名。

2017年上半期の地雷・不発弾の事故件数は23件、被害者数は32名。
内訳は、
地雷事故数が11件、不発弾事故が12件、
事故被害者は12名が地雷、20名が不発弾によるもの、
6名が死亡、26名が負傷。

州別の被害者数では、
オッドーミアンチェイ州が最多で10名、
プレアビヒア州が6名、
コンポンチャム州が4名、
バンティアイミアンチェイ州、パイリン州、ラタナキリ州が各3名、
ポーサット州が2名、
バッタンバン州とコッコン州が各1名と続いている。

2016年の同期の数字は49名、
2015年の同期が67名、
2014年が101名であった。
上記のとおり、
年間をとおした統計からも減少傾向が確認される。

事故ゼロを目指す政府からすれば、
まだまだ努力が必要なところであるが、
順調に被害者が減っていること自体は喜ばしい話である。
スポンサーサイト

 

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。