FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

南部仏印とタイへの進駐

引き続き、
カンボジアにおける1940年頃の日本軍の活動についてまとめてみたい。
これに係る資料は非常に限られていることから、
ウェブ上にある資料をもと基ににまとめることとする。

まずは1941年の南部仏印とタイの進駐について。

先の記事でも書いたとおり、
1907年より現在のカンボジアに当たる土地全ては、
ベトナム、ラオスと共にフランス領(フランス領インドシナ、仏印と呼ばれる。)となっていた。
そのうち現在の北部仏印(現在のハノイを中心にトンキンと呼ばれた地域)に対し、
日本軍が進駐を開始したのは1940年9月22日。

その後、1940年11月23日から1941年5月8日、
タイ・フランス領インドシナ紛争が起き、
この結果、現在のカンボジア北西部(バッタンバン、バンティアイミアンチェイ、シェムリアップ)が、
タイへ譲渡されることとなった。

そして、1941年7月2日に開かれた御前会議において、
南部仏印への進駐が決定され(「情勢ノ推移ニ伴フ帝国国策要綱」)、
同28日より進駐が開始されている。

これを担ったのは海軍、
南遣艦隊(司令官: 平田昇中将、後に小沢治三郎中将)、
第2遣支艦隊(司令官: 新見政一中将)、
そして陸軍、第25軍(司令官: 飯田祥二郎中将)、
第25軍には近衛師団も含まれていた。
サイゴン(ホーチミン)には7月30日に上陸を開始、
8月8日にこれを完了。

これを受け、
日本の南仏進駐に反対していたアメリカは、
8月1日に日本に対する石油の輸出禁止を決定している。
(太平洋戦争の引き金となった決定。)

現在のカンボジア域内への進駐については明確な日時は不明ながら、
ホーチミンの到着後間もなくこれが開始されたと思われる。
カンボジアへの進駐後、
タイ領であった北西部を除く各地において、
更なる侵攻に向けて準備活動が進められた。

1941年12月8日、太平洋戦争開戦。

これとと同時に日本軍(第15軍、司令官: 飯田祥二郎中将)はカンボジアからタイへ向けて進駐を開始した。
トンレサップ湖北側からは近衛師団先遣隊が現在のシェムリアップ方面へ、
同南側からは近衛師団主力がバッタンバン方面からタイ領へ進軍、
両部隊はバンティアイミアンチェイからポイペトの周辺で合流し、
9日にはバンコクへ入った。
(飯田は1941年11月に第25軍を離れ、これに代わり山下奉文中将が司令官となった。)

また、日本軍は8日の進軍と同時に鉄道も接収したが、
ポイペト国境付近16キロのに区間ついてはレールがなかったため、
この連結作業作業を開始し、10日までにこれを終えた。

日本の進軍に対する抵抗から、
タイ南部において一部戦闘があったが、
カンボジアに面する西部においては、
アランヤプラテート上空で戦闘機同士の戦闘があった他は目立った衝突はなく、
進軍は非常にスムーズに進んだ。

8日のうちに平和進駐協定成立が成立、
12月21日には日泰攻守同盟条約が結ばれている。

第15軍はその後、タイからビルマへの侵攻を開始している。
第25軍は、第3飛行集団、南遣艦隊、第22航空戦隊と共に、
12月8日からイギリス領マレー、シンガポールへの侵攻を行った。

これらに係る資料としては、
防衛庁防衛研修所戦史室の 「戦史叢書 マレー侵攻作戦」が詳しいようだ。
折を見て探して読んでみようと思う。

ポイペト-アランヤプラテート間の線路が連結された時期については、
Brenden Whyteの「Railway Atlas of Thailand, Laos and Cambodia 」との間に若干の誤差があるため、
これについては他の資料にも当たってみたい。
スポンサーサイト

 

カンボジア北西部の鉄道史(と日本軍の活動)

先日実施したインタビューにおいて、
1940年頃の日本軍の活動は鉄道警備が主であったという話を聞いた。

この点について、
当時のカンボジアや北西部、また鉄道がどのような位置づけであったのか等、
周辺の状況について歴史をまとめておこうと思う。

まずはカンボジア全般と北西部の歴史である。

1863年8月11日カンボジアとフランスは条約を締結、
フランスはカンボジアの保護権を得た。
1867年7月15日フランスとシャム(タイ)が締結した条約によって、
タイはフランスのカンボジアに対する保護権を認めたが、
現在のシェムリアップ、バンティアイミアンチェイ、バッタンバンを含めた地域は
タイの一部として残された。
1907年3月23日フランスとシャムが締結した条約により、
シェムリアップ、バンティアイミアンチェイ、バッタンバンを含めた地域が、
フランスへ割譲されることとなった。

1940年11月23日から1941年5月8日にかけ、
タイ・フランス領インドシナ紛争が勃発、
タイはシェムリアップ、バンティアイミアンチェイ、バッタンバンを含めた地域を、
フランスから奪還した(1941年5月9日東京条約)。
1941年7月28日、日本は仏印南部への進駐を開始した。

1945年3月9日から5月15日にかけ、
日本軍は仏領インドシナに駐留するフランス軍に対し「明号作戦(めいごうさくせん)」を実行し、
フランス軍を制圧した(仏印武力処理)。

次にカンボジアの鉄道史を見てみよう。
これはBrenden Whyte著「Railway Atlas of Thailand, Laos and Cambodia 」に詳しい。

プノンペン-モンコルボレイ間の鉄道建設が開始されたのは1929年、
1930年代中頃までにこれが完成している。
1940年までにモンコルボレイからシソポン(バンティアイミアンチェイ)、ポイペトまでの鉄道の建設が開始され、
1941年5月以降にタイによってタイ側とカンボジア側の鉄道がつなげられた。
1941年8月以降、日本軍はこの鉄道を利用し、タイへ進駐を開始、
1942年4月よりバンコク-バッタンバン間の旅客サービスが開始されている。

この歴史に照らして考えた場合、
モンコルボレイでお会いしたご老人の話は
1941年以降の数年間の間の話であったと思われる。

日本軍の活動に係る歴史については、
他の資料にも当たってみたい。

 

カンボジアでTOEIC

ひょんなことからTOEICを受験することとなった。

TOEICという名前は知っていても、
TOEFLの社会人版位の知識しかなく、
調べてみるとプノンペンで受験出来ることが分かった。

早速、試験センターとなっているところに連絡を入れてみると、
受験登録のために試験日1週間前までに
本人がセンターまで出向かなければならないとのこと。
このご時世なんともアナログな仕組みは、
地方在住者にとってはハードルが高いものだ。

予定を確認してみると、
登録日までにプノンペンへ行けないことが判明。
仕方なしと思っていると、
直前になって試験日当日の登録でOKとの連絡を受けた。

お陰で大した準備も出来ぬままの受験となったが、
面倒な手続きが省略出来たのはラッキーである。
知人によれば、
キャンセルが出たための措置ではないかとのこと。

IIG.jpg

同じ日に受験をしたのは10名ちょっと。
国籍はカンボジア、中国、ベトナム、日本。
日本人以外は20代と思われる若者であった。
若者に交じっての受験に若干の気恥ずかしさを感じつつも、
青春時代に戻ったようなくすぐったい気分もエンジョイである。

試験自体は時計や鉛筆等の私物持ち込みが禁止で、
思っていた以上にしっかりとした管理体制の中で実施されていた。
(1人につき消しゴム付き鉛筆2本が用意されている。)
問題のレベルが日本と比べてどうなのかは判断出来ないが、
事前にバッタンバンの文房具屋で買った問題集とほぼ同等のものであった。

思えば試験なぞというものを受けるのは20年振り、
鉛筆で書くという行為もそれ位だろう。
マークシートの黒塗りという懐かしい作業は思いの外てこずってしまった。
初心忘れるべからずという教訓であろう。

テストの結果も直接試験センターに出向くのが原則だが、
代理人や緊急の場合はメールでも対応してくれるよう。

受験を希望される方はウェブで検索の上、
直接試験センターまでご連絡下さい。

 

書籍 「A Kingdom in Crisis」

キングダムの話ながらカンボジア王国ではなく、
お隣のタイ王国について書かれた本。
英語ながらジャーナリスティックな書きぶりは読みやすく、
過去10年程のタイの政治不安を理解する手助けとなる。

タイの政治事情については、
赤=タクシン派、黄=反タクシン派/王室派、
タクシン派=農村部、黄=都市部、
といった説明が多く、
あたかも産業構造、経済状態等によって立場が異なるものと受け取ってしまいがちだ。

しかし、Marshallが本書で唱える説はこれとは異なる。
Marshallによれば、
近年の政治不安の本質は王位継承を巡る争いであるという。

タイに行く度に感じるのは仏教信仰と国王に対する敬愛の強さで、
社会安定の基盤とも言えるものだが、
この説によれば、
今まさにその基礎が揺らいでいるということになろう。

現国王の年齢を考えれば王位継承も当然の話題であり、
言われてみればなるほどの見立てであるが、
王室に関する話はタブーであるために公的に議論されることはないのだそうだ。
実際、筆者Marshallも本書の執筆により、
長く暮らしたタイを離れなければならなかったという。

また、王位継承は王室内の話題ということではなく、
財界・政界を巻き込むいわば社会全体に係るイシューであるというのがMarshallの説。
簡単にまとめると、
ワチュラロンコン皇太子を推すタクシン派と
国民からの支持も高く、既得権益を持つエスタブリッシュメントからすれば操り易い
シリントーン王女を推す反タクシン派と分けられるのだそうだ。

本議論の基には、
タイ王室の歴史や現国王の人気を支えたアメリカ外交政策、
渦中の人物らからのリーク等があるが、
一般的なタイ王室の在り方を覆す内容も含まれており読み応えは十分。
いずれも、タイ王室を理解することは、
タイ社会そのものを理解することなのだとを思い知らされる内容である。

本書後半にはタイ社会の今後について書かれた部分もあり、
今後そのとおりの展開となるかは注目である。

影響の大きさを考えれば、
カンボジア関係者にとっても重要なテーマ、
重要な一冊であると思われる。

 

« »

05 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。