FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

カンボジア北西部における日本軍の活動

かねてから関心のあったテーマ、
カンボジアにおける日本軍の活動について簡単な調査を行った。
調査を実施したのはバンティアイミアンチェイ州モンコルボレイ郡。

調査のきっかけは、
知人の祖母が1940年代前後に、
モンコルボレイで日本の軍人を見かけたことがあるという話を聞いたことであった。
残念ながら、
そのおばあさんはすでにお亡くなりで、
他に当時の記憶のある方を探したところ、
1929年生まれのおじいさん(87歳)にお会いすることが出来た。

高齢ながら、
当時13、14歳の記憶は今も鮮明で、
おじさんは以下のような話を語ってくれた。

1.1940年頃、タイの軍人と一緒にトラックに乗る日本の軍人を時折見かけることがあった。
  日本兵はきちんとした身なりで、髪は短髪、制服と帽子を被っていた。
  1台のトラックには6、7人の日本兵が乗っていた。

2.日本軍の主な任務はタイとカンボジアを繋ぐ鉄道の警備で、
  任務にはタイの軍隊と共同で当たっていた。

3.当時、プノンペンにはフランス軍がいたが、北西部でフランスの軍人を見ることはなかった。
  フランス軍は日本軍を恐れていた。
  日本軍は非常に強いという印象を持っていた。

4.日本の軍隊は非常に規律正しく、それが日本軍の強さの秘訣であったと思う。
  地元の人々が食料等を無償で提供しようとしても、部隊長の許可なしでは受け取ることはなかった。
  また、盗難等の犯罪を犯す者(軍人)はなく、犯罪があった場合、正式な調査が行われ、
  犯罪を犯した者は厳しく罰せられる規則があるとバッタンバンの友人に聞いたことがある。

5.日本軍が飛行機に乗っているのを見たことがある。
  地上から攻撃されることを恐れないというように、低空で飛んでいたのを覚えている。

6.日本軍はサルを軍事目的で訓練し、
  タイの軍人に聞いたところ、手投げ弾を投げることが出来るとの話であった。

7.日本軍はワット・ルベアに木造の橋を建設した。
  建設した理由は既存の橋が爆撃された後でも、タイとの交通網を確保することであった。

8.お坊さんらとバンコクへ行った際、
  ファーランポーン駅(バンコク中心部の駅)でマレー半島、ビルマ等に出発する日本兵を見た。

文献等によれば、
1945年には明号作戦というフランス軍を駆逐する軍事活動があったというが、
特にそれに関する記憶はないとのこと。
実際、現在のバンティアイミアンチェイ周辺においては、
軍事衝突はなかったのであろう。

すでに80年近い年月を経ており、
当時のことを記憶している方も僅かな状況である。

カンボジアに関る日本人の1人として、
こうした記録を残していかなければならないだろう。
調査継続である。
スポンサーサイト

 

バッタンバンの農村から熊本への祈り

仕事で農村を訪れた際、
誘われて村のお寺を訪れた。

聞けば、
日本の開発援助プロジェクトの恩恵を受けてきた村人が熊本地震のことを知り、
お寺に集まってお坊さんにお経を上げてもらうのだそうだ。
日本には様々な支援をしてもらってきたのだから、
痛みを分かち合うのは当然だという。

正直なところ、
少し唐突な気もしなくはなかったが、
仕事でこの村を訪れる開発援助団体スタッフと話し合って決めたのだそうだ。

行ってみて彼らの思いが誠実なものであることはすぐに分かった。
村長さんの声掛けに応じ、
住民らは熊本への義援金も集められ、
用意されたバナーにある被災地の写真に目を潤ませる老人もいた。

Kumamoto 1

そうだ自分も日本人だから声を掛けてもらったのだ。
自分の立場をあらためて認識し直し、
彼らと一緒に手を合わせた。

乾季の終わらないバッタンバンの田舎の青空に、
熊本への祈りの声が響く。

集められた40ドルちょっとのお金をしっかりと受け取り、
村を後にしたときは様々な思いがこみ上げてきた。
地元で起きた東日本大震災のときも、
何も出来なかったことを思い出す。

後日、預かった義援金を大使館へ届けると、
熊本への義援金としては第1号であることが告げられた。
第1号がバッタンバンの田舎から出て来たというのがすごい。
そして、ありがたい。

日本に対し、そしてカンボジアに対し、
何が出来るのか、何をすべきなのか、
あらためて考えてみようと思わせられる出来事であった。

 

カエルの養殖

カンボジアを初めて訪れる方には驚かれることもあるが、
日本人の考える「ゲテモノ」の中では比較的一般的なカエル。

田んぼで捕まえられる他、
一部では養殖も行われている。

FAUNA & FLORA International発行の
「A Field Guide to the Amphibians of Cambodia」
(カンボジア両生類フィールドガイドブック)によれば、
カンボジアで一般的な食用ガエルは、
Rugulose Bullfrog(学名:Hoplobatrachus Rugulosus)という種類だそうだ。
この本に出てくるサンプル写真と比べると白みがかった色だが、
大学の実験に使われているのもこの種であると思われる。

Frog Farm 2

Frog Farm 1

繁殖もしやすく、
小さな池を作ればよいだけなので養殖はそれほど難しくないが、
農村で目にすることはまだ稀である。

繁殖や流通等の面で、
より手軽に取り組める仕組みが作れれば、
僻地の農家にとっても重要な収入源、タンパク源になり得る可能性はあると思われる。

肉は柔らかくクセもなく食べやすいので、
ゲテモノ初心者にもおすすめのカンボジアグルメである。

 

精米業界が抱える問題

精米の輸出量が増え、
景気がよくなると期待されてきた精米業界だが、
このところはネガティブな報道が続いている。

先月は精米業界の業界団体であるCambodia Rice Federation (CRF)の問題が報じられていた。
CRFがガバナンスの問題から崩壊状態と陥ってしまったため、
18の精米所が結束、
Rice Industry Strategic Key Solution (RISKS)という名の提案をまとめ、
商業省に業界への支援を求めているという話。
これまでにこれに賛同する精米所の数は24にまで増加しているとのこと。

問題は単なる内輪もめではなく、
実業の現状とも深い関連があるようだ。

今年3月の精米の輸出量は昨年同期と比べ14%減となっている。
具体的には約76,000トンから約66,000トンへの減少である。
国内市場においてもベトナム産米の輸入増により、
カンボジア産米の競争力が低下しているそうだ。
RISKSによればベトナム産米の年間輸入量は70~80万トンに達しているとのこと。

Rice Miller

対策として、
RISKSは5億ドルの融資(年利4%)を求めているが、
問題はそれだけで解決するものではないはずだ。

カンボジア産のコメの多くは籾のままベトナムへ持ち出され、
そこで精米されているのである。
ベトナムで精米したほうが安いというのであれば、
カンボジアの精米工程におけるロスが大きいと考えるのが当然であろう。
農家の手元を離れた後でどのようなプロセスを経ているのか、
またどのような改善策があり得るのかを検証し、
実行に移していくイニシアチブが必要と思われる。

精米業界が立ち行かなくなれば、
農家への影響もいずれ出てくるはず。
(昨年来の雨不足も大きな懸念材料である。)

カンボジアの稲作は今大きな正念場を迎えている。

 

パイリンの宝石

ポイペト程の華やかさはないものの
数年前と比べてもカジノが増えてきたパイリンの町。
国道沿いにはキャッサバのサイロも多く見られるようになり、
今後は貿易の要所としての役割も増していきそうな雰囲気である。

パイリンと言えば、
以前はクメールルージュの砦の1つとして有名であった場所で、
そこで産出される宝石がその資金源になっていたと言われている。
パイリンの宝石と言えばルビーとサファイア。

今でも時折川床で大きな宝石の原石が発見された等というニュースも見られ、
以前は宝石採掘で一攫千金を目指す者もいたというような話だが、
宝石でもカジノでもなければ、
不動産や農業、貿易で一攫千金というのが現実的な流れである。

とは言え、
現在でも街道沿いには「パイリン産宝石」を扱う宝石商が店を並べている。

Pailin Gem

カンボジア人の知り合いからは、
「どうせ本物なんか売っていない。」という話も聞くが、
こちらとしてはどこまでが本当かは判断のしようもないところ。
カンボジア国内に偽物を作る技術はなさそうなので、
仮に偽物であっても輸入品ということで、
それなりに値段はするのかもしれない。

ルビーやサファイア以外にも様々な石があるようなので、
目利きに自信のある方は是非お試しあれ。

 

« »

04 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。