FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

コンドミニアム市場に関する予測

ブームと共に懸念も広がりつつあるコンドミニアムバブルについて、
Phnom Penh Postに新たな関連記事を見つけた。

不動産大手のKnight Frankがまとめた報告書を基にしたもので、
これによれば2020年までに56のプロジェクト、
18,200戸が完成予定とのこと。
増加率は641%と驚異的だ。

2015年は第3四半期までの投資額も17億7千万ドルを超え、
2014年同期の15億4千万ドルを上回っているそうだ。

こうした動きにより、
市場には過剰供給との見方が強まっており、
Knigh Frankでは大方のプロジェクトが完了する2018年以降、
価格が下落すると予測している。
短期的、全体的にはこうした傾向があるものの、
ロケーションによってはこうした影響のない、
或いは少ない場所もあるようだ。

ブームになるスピードも速いが、
その分の問題も現れつつあるということだろうか。

同記事は投資の明るい材料として、
タイ国境地域への多国籍企業の進出や
機械化による農地ニーズの高まりを上げている。
プノンペンに比べれば穏やかな北西部であるが、
可能性という点で言えば首都を上回る可能性があるのかもしれない。

バッタンバンにおいてはコンドミニアムはないものの、
複数の不動産開発プロジェクトが進められており、
不動産屋も進出して来ている。

チャンスかリスクか、
より厳しい目での見極めが重要になっていきそうな分野である。
スポンサーサイト

 

B2B Mall

B2B市場の横に出来たモール。
建設が止まって早数年と思っていたが、
見本市での利用を経て、
昨年ソフトオープン(?)している。

B2B Mall 1

B2B Mall 3

屋根はトタンというシンプルな造りながら、
エスカレーターも付いたモール的な市場。
テナントはまだ少なくお客さんもまだまだといったところ。
1階に入ったB2B Martが一番の目玉で、
以前のB2B市場に野菜等が加わり品数も増している。

B2B Mall 2

以前、B2B市場だった場所は野菜市場として利用されている。
国道5号線沿いにあり、
駐車スペースも広く取られていることから、
農家直送野菜の集荷にはうってつけの場所かもしれない。

B2B Mall 4

モール近くには複数の長距離バス乗り場が並び、
裏のエリアでは住宅開発も進んでいる。
拡幅工事も予定されており、
今後更に開発が進みそうな国道5号線沿いのエリアである。

 

Idemitsu Saison Microfinance

バッタンバンに本店を持つ新たなマイクロファイナンス機関が登場した。
名前のとおり出光クレジットとセゾンの出資で設立されたIdemitsu Saison Microfinanceである。

日系というのも珍しいが、
本店がバッタンバンという金融機関も初であろう。

Idemitsu Saison

融資と割賦のサービスを提供する金融機関だが、
出光はキャッサバを利用したディーゼル燃料生産事業も進めており、
金融と農業のシナジー効果も期待出来そうだ。

契約栽培にまつわる諸問題や多重債務の問題は気になるところ。
ユーザーが賢く使うことが出来るか否かが重要なポイントになるだろう。

今年は金融分野における日系企業の動きが目立っている。
新聞でも報道のとおり、
Bank of Ayudhya (Krungsri)がマイクロファイナンス大手のHattha Kaksekarを買収。
Krungsriの筆頭株主は三菱東京UFJ銀行であり、
日系大手の本格的な進出に注目が集まっている。
買収額は1.4億米ドル以上になる見通し。

対照的なのは、
SBIホールディングスが所有するPPCB(Phnom Penh Commercial Bank)の株式を売却というニュースだ。
保有率は40%であったそうだが、
在留邦人の間ではそれなりに利用されていたようなので、
一瞬不安になった方もいたのではないだろうか。

多様化が進むカンボジアの金融界。
目の離せない状況は今後しばらく続きそうである。

 

Chinese Spring Restaurant

手打ち麺屋のすぐ近くに昨年オープンした中華料理店。
手打ち麺屋同様に中国人オーナーが経営する店で、
手軽に楽しめる家庭の味が売り。

手打ち麺屋が繁盛店となって久しく、
混雑時には相席になることもあるが、
比較的新しいこちらの店は空いているため、
ゆっくりと食事が出来る。

Chinese Spring 1

メニューにある品数も多く、
1人でも大人数でも楽しめるラインナップ。
大衆食堂的な値段も嬉しく、
写真付き、英文付きのメニューは外国人旅行者にとってもありがたいところ。
(英語・クメール語はあまり通じないので指さしで頼もう。)

Chinese Spring 2

個人的にはスパイシーな牛肉麺(R7,000)がおススメ。
暑い中、汗だくになって食べるのも悪くない。

お試しあれ。

 

« »

02 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。