FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

2015年のまとめ

雨季も終わり涼しくなってきたなあと思えば年末である。
過ごしやすい年末の夜に、
一年を振り返っておこう。

1.エルニーニョ現象の影響
来年にも影響が継続するとも言われるエルニーニョ。
雨季になってもなかなか降らない雨に、
種まきをやり直す稲作農家も多かったようだ。
最終的には米の収穫量は300万トンを超えたが、
種まきにかかったコストを考えると、
稲作農家の利益は心配される状況である。

2.サービス業の多様化
バッタンバンにおいてもチェーン店の出店が目立ち、
ネットビジネスやマイクロファイナンス・金融の新サービスも登場。
稲作・キャッサバに代表される農業、
縫製業から多様化の進む製造業に加え、
サービス業の多様化が進みつつあることを感じた一年であった。

3.主要政党間の不和
ベトナムとの国境問題に端を発した政党間の問題はいまだに決着を見ていない。
ほんの少し前の蜜月を思わせる両党首の振る舞いが、
やはり上辺のものに過ぎなかったことが証明される格好となっている。
その他、チア・シム上院議長の御逝去や、
それに続くジュニア世代の躍進など、
話題に事欠かない2015年の国内政治であった。

4.不動産ビジネスの隆盛
勢いを増す中華系投資家の進出に加え、
慎重さで知られる日本人投資家の進出も印象的であった不動産ビジネス。
首都圏では大型のコンドミニア開発が次々に発表され、
地方においても地味ながらも着実に不動産価格が上昇して来ている。
バッタンバンでも複数のボレイ開発が進められており、
リーマンショック前以上の勢いが感じられている。

5.ポイペト経済の発展
北西部で言えば、
やはりポイペトの発展が印象的な一年であった。
様々な噂が現実のものとなり、
現在日系2社がSEZ開発を進める段階となっている。
先日もタイで両国の首脳会談が開かれ、
2つの国境ポイントと鉄道ルートの開設が確認されており、
日系も多いタイの工業地区との距離を武器に、
今後カンボジア随一の工業地帯になるのではという期待も生まれている。

6.ASEAN経済統合への不安
ポイペトの経済発展に見られるとおり、
ASEAN経済統合に向けて動きが出つつも、
国境エリアの基本構造はこれまでと変わっておらず、
一市民の立場からすれば、
何が経済統合なのか分からないという印象は今年も変わらないままであった。
年が明けてすぐに何かが動くこともないであろうが、
企業の進出に合わせ状況が好転することを願いたい。

7.サッカー日カ戦の実現
個人的な趣味もあるが、
これも忘れられない今年の出来事である。
バッタンバンでテレビ観戦した日本での試合。
そして、プノンペンで実際に観戦した試合。
いずれも試合内容ではなく、
実際に試合が行われるという現実に感動を覚えたように思う。

そんなこんなで、
今年も無事に一年が終えられました。
皆様、よいお年を。
スポンサーサイト



 

« »

12 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR