FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

Financial Literacy

カンボジア人のファイナンスに関する知識に関する記事をPhnom Penh Postで見かけた。

格付け会社のStandard & Poor'sがスポンサーとなり、
アメリカのジョージワシントン大学が実施した調査に関する記事で、
銀行など金融機関の急成長とは裏腹に、
カンボジアの人々の金融知識は乏しいままといった内容である。
より具体的には、
金融に関する最低限の知識を有している人は18%のみとのこと。

調査結果はFinancial Literacy Around the Worldとしてまとめられている。

記事の内容については、
まあこんなものだろうとレポートを読んでみると、
我が国日本も43%というお寒い結果である

同レポートには調査に用いられた4つの設問も掲載されているが、
確かに最低限の知識といってよい内容である。

調査対象の140国のうち、
最も高い数値を出したのがノルウェーとスウェーデンで71%、
イスラエルが68%、
英国が67%、
オランダが66%と続き、
最低はイエメンの13%である。

日本の43%前後にいる顔ぶれを見てみると、
クウェート、レバノン、マルタ、スロベニアが44%、
ポーランド、南アフリカが42%で並んでいる。
(43%は日本のみ。)
カンボジアの18%前後には、
キリギスの19%
ネパールの18%、
タジキスタンが17%で続いている。

金融に対する知識がなければ、
それをうまく使えないのは当たり前のこと。
マイクロファイナンスの普及により金融へのアクセスは広がったが、
これがうまく利用されていないというのは十分あり得る話だ。

なんとも考えさせられることの多い記事であった。
スポンサーサイト



 

« »

12 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR