FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

穀物の栽培試験

はくばく社様との契約により、
現在学内で穀物の栽培試験が進められている。

同社は州内の他のロケーションにおいて、
類似の試験を実施しているが、
大学においてはより科学的なアプローチを試験を実施している。

Millet Experiment

試験の対象となる穀物はモチアワとモチキビで、
カンボジアで栽培実績のない作物であることから、
試験の結果によってはカンボジア初の事業となると予想される。

今年はエル・ニーニョの影響が心配されるカンボジア農業は、
自然災害だけでなく、
構造的な問題も抱えており、
日本企業の参画は非常に心強いものだ。

企業側にとってのメリットも少なからずあると考えられることから、
今後こうした動きは広がることを期待したい。
スポンサーサイト

 

コンドミニアムバブル?

日本人にも人気になりつつコンドミニアムであるが、
地元メディアはバブルへの懸念も報じている。

Phnom Penh Postによれば、
加熱する不動産取引に対する対応を検討するため、
本日18日に政府関係者が会合を開く予定とのこと。
背景には供給過多や「スペキュレーション」による買いへの懸念があるそうだ。

スペキュレーションとは、
過剰な期待による買い、投機といったところだろうか。
価格上昇による過剰な期待によって買いが集中し、
バブルへ繋がるという懸念だろう。

また、デベロッパー自身に十分な自己資金がない中での不動産開発も多いとされ、
金融機関からの借り入れで進められているプロジェクトに買い手がつかず、
とん挫してしまうケースが増えるのではないかとの懸念もあるようだ。

議論の1つは、
建設されるコンドを購入するだけの十分な投資家が居るかという点のようだが、
個人的には購入者がどのような目的で購入しているのかという点が気になる。
仮に賃貸目的ということであれば、
十分な借り手がいるかという点も重要な問いであるはずだ。

将来的には、
月千ドル程度の家賃を払ってでもコンドに住みたいというカンボジア人が増えるのかもしれないが、
現在は非常稀な存在だろう。
そんなに払うなら分割払いで家を買おうというのが普通だろうし、
そもそもそこまで払える程の収入がある人も多くはない。

必然的にコンドの借り手の多くは外国人となるはずだが、
建設のペースがそれに見合ったものかは、
すでに完成した物件を見れば明らかな気もする。

カンボジアでの不動産賃貸、購入に興味のある方は、
不動産会社の話を聞くだけでなく、
地元メディアもチェックすべきであろう。

 

ポイペト国境の線路

ポイペトのカジノエリアにタイ側から線路が伸びている。

気付いたのはほんの最近のことだが、
初めてこのエリアを訪れたときにはなかったように思われる。
いつ出来たんだったろうか。

場所は国境ゲートのすぐ近くで、
これをカンボジア側に伸ばせばカジノの中を電車が通ってしまいそう。
再整備されたポイペト-バンティアイミアンチェイ(シソポン)区間の線路とも距離があり、
これとどうやって繋げようというのか首を傾げてしまう。

こういうことが時々あるから飽きないのが、
ここカンボジアの暮らしである。

Poipet Railway

製造業の進出により最近何かと注目の町ポイペト。

今後の変化の中で、
この線路がどう繋がっていくのか見ものである。

 

2015年上半期地雷・不発弾被害者数

2015年6月のCMVIS(Cambodian Mine Victim Information System)がまとめられ、
2015年上半期(1~6月)の統計が発表された。

これによると、
同期の地雷・不発弾の被害者数は66名、
うち11名が死亡、43名が負傷であった。

州別では、
バッタンバン州が23名で最多、
パイリン州、プレアビヒア州、コンポントム州が6名、
シェムリアップ州が5名、
バンティアイミアンチェイ州、オッドーミアンチェイ州が4名と続いている。

2014年の同期の数字は101名であったことから、
今年は大きく減少しているが、
2013年の同期の数字65名に近いレベルとなった。

2014年全体では154名で、
21名が死亡、133名が負傷であった。

一進一退の状況ながら、
少しずつ被害は減って来ているようにも受け取れる。

都市部のきらびやかな発展に目を奪われがちだが、
地道な努力によって社会が支えられていることも忘れてはならないだろう。

 

« »

08 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。