FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

カンボジア農村地域におけるマイクロファイナンスの役割 8

最後にCさんの世帯について見てみよう。

この世帯は調査実施直前に、
高利貸し(IML)からの借金が返済できなかったために家を売り、
現在の家に引っ越した経緯があり、
調査開始時点ではまた別のIMLから437.5ドル、MFから200ドルの借金を抱えていた。

2012年
4月 
5月 農業支出108.63ドル、農業収入800ドル、IML1返済656.25ドル
6月 MF2借入100ドル
7月
8月
9月 仕送り収入500ドル、農業支出500ドル 
10月
11月 仕送り収入100ドル
12月 MF3借入250ドル、MF4借入250ドル、MF5借入500ドル、農業支出395ドル、農業収入950ドル

2013年
1月 
2月 MF6借入300ドル、MF1返済230ドル
3月 MF7借入175ドル
4月
5月 仕送り収入100ドル、MF2返済100ドル

この世帯では、
20代の子ども4人タイへ出稼ぎへ行ったりしており、
年間で1,000ドル弱の仕送りを受けておいる。

農業収入は約2,000ドルであるが、
かかった経費約1,100を差し引いた場合の利益は約900ドルで、
仕送りが主たる収入源であると言える。

年間を通してみると、
やはり農繁期での貸し借りが頻繁であり、
特にコメの収穫期である12月には3つのMFローンから合計1,000ドルも借りている。
収穫にかかった費用が400ドル弱であることから、
借りたお金は農業と消費に使われたと推測される。

MFローンの用途と返済について個別にまとめると、
MF1の用途は農業、返済はMFからの借金、
MF2の用途は消費、返済は仕送り、
MF3、4、5の用途は農業と消費、
MF6の用途は農業と借金の返済、
MF7の用途は消費と借金の返済であると考えられる。

2012年4月には1つのMFローンから200ドルの借金があるだけであったが、
1年後には5つのMFローンから計1,475ドルの借金を抱えるまでになっており、
家計への影響が危惧される状態である。

(続く)
スポンサーサイト



 

« »

11 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR