FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

カンボジア農村地域におけるマイクロファイナンスの役割 1

少しずつ農村社会調査のデータがまとまってきたので、
農村世帯におけるマイクロファイナンス(MF)の役割について、
まとめてみたい。

この調査の前提は、
MFの貧困削減効果は学術的に認められていないというものだ。
MFIs(Mirofinance Institutions、マイクロファイナンス機関)や
その支持者(投資家?)らもこの効果を主張しているが、
研究者間の意見は分かれており、
少なくとも効果があると言える状況にはない。

次に、カンボジアのMFの現況だが、
2013年6月末現在のMFローンのユーザー数は131万人、
平均融資額は764ドルで、
いずれの数値も増加傾向にある。

ユーザー数は総人口比の約1割。
世帯構成員数を基に計算すれば、
約半分の国民が何らかの影響を受ける立場にあるのだから、
軽視できない状況である。
(実際には多重債務のために影響を受ける国民の規模はより小さいと考えられる。)

上記の前提及び現況から、
「一般的には貧困削減効果が疑わしい中、
MFローンのユーザーが増加しているのは何故か?」
という問いが生まれてくる。

カンボジアにおいては貧困削減効果があるということだろうか?
そもそも、
カンボジアではMFはどのように利用されているのだろうか?

(続く)
スポンサーサイト



 

« »

11 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR