FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

Memoria Palace & Resort


バッタンバンで晴読雨耕-Memoria Resort1


パイリンの遊び場と言えば国境のカジノが定番であったが、

この数年でリゾート開発も進んできている。


「Memoria Palace & Resort」は、

パイリン市街地から少し離れた山の中にある

自然を満喫できる小さなホテルリゾートだ。


バッタンバンで晴読雨耕-Memoria Resort2


山に囲まれた静かな環境の中、

食事をしたり、

プールで泳いだりすることができる。


バッタンバンで晴読雨耕-Memoria Resort3


宿泊施設は全て独立した建物で、

プライベートの時間を楽しむことができるつくりとなっている。

2012年現在、下の写真にあるスタンダードルームのみだが、

更に上のクラスの部屋が建設中だ。


バッタンバンで晴読雨耕-Memoria Resort4


クメールルージュの最後の砦と言われたパイリンであるが、

今や観光地としても急激な発展を遂げつつあるようだ。


スポンサーサイト



 

コンピンプイ貯水池


バッタンバンで晴読雨耕-コンピンプイ4


コンピンプイ貯水池は、

バッタンバンのほぼ真西、約22kmの地点から広がる広大な人工池である。


週末となれば水路を遊び場にする子どもや、

池のほとりで宴を開く大人たちで賑わうローカルリゾートだが、

その本質的な機能は農業灌漑である。


バッタンバンで晴読雨耕-コンピンプイ3


池を挟むようにしてそびえる山の間に、

クメールルージュ時代の強制労働でつくられた高さ8m、全長6.5kmに及ぶ土堰堤があり、

取水ゲートが2ケ所設置されている。
有効貯水量は約8,000万トン。


バッタンバンで晴読雨耕-コンピンプイ1


2ケ所の取水ゲートのうち機能しているのは1ケ所のみで、

そこから一次水路、その先に二次水路が伸びている。

これらによる灌漑面積は約5,000haとのこと。


クメールルージュ時代の設計、施工に問題があり、十分な機能を果たしていなかったことから、

2000年以降、イタリア及び日本の支援により整備が行われ、

現在の姿となった。

バッタンバンで晴読雨耕-コンピンプイ2


水路が広がる農地の多くが土地バブルの頃に買い上げられ、

現在は都市部に住む富裕層による稲作が行われている。

収穫は年に2回~3回とのこと。


(写真上から、一次水路、取水ゲート、見取り図看板、ドナープレート)

 

« »

06 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR