FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

New York Timesのコラムニスト

2016年の世界の出来事のうち、
最も驚いたのはアメリカの大統領選挙であった。
アメリカのメディアでさえ、
このような結果を予想出来なかったというのだから、
まあ驚きである。

そんな結果を踏まえて迎えた年の瀬。
「高級紙」として知られるNew York Timesを読んでいると、
面白い記事を見つけた。

Lessons From the Media’s Failures in Its Year With Trump」と題された
その記事の大まかな内容は、
メディアの失態によりトランプ氏が大統領選挙に勝ってしまったというものだ。
より具体的には、
同氏の過激な言動にばかり注目し、
しっかりとした、十分な裏取り、事実確認を行っていなかったという自省の念である。

この記事を書いたのは同紙のコラムニストNicholas Kristof。
日本人、そしてカンボジア在住者の間ではご存じの方も多いかもしれない。
過去にも事実誤認の記事を複数執筆して来た経緯から、
個人的には同氏がいまだにこのような記事を書いていることに違和感を感じてしまった。

同氏が東京支局長時代の頃に書いた記事は、
低俗、過激なだけで、事実誤認が甚だしく、
とても「高級紙」には見合わない内容ばかりのものであった。
(これに反発した在米邦人有志らは批判本を出版している。)

2000年代に入り、
彼がカンボジアで記事にしたものはSomaly Mamや人身売買に関するもので、
彼女の生い立ちについては、
追って情報に間違いがあったこと大筋を認めている。
(Somaly Mamについてはコチラも参照。)

2010年代には、
尖閣諸島が中国に属するとしたコラムも書いており、
読者としては何かにつけ事実誤認の多いコラムニストという印象しかない。

母国語の通じない海外での取材に言語という壁があることは理解出来るが、
自国の取材でも事実誤認があるとすれば、
ジャーナリストとしての根本的な資質すら疑いたくなってしまう。

「The world’s most trusted perspective」という同紙の宣伝文句に
見合った内容となることに期待したい。
スポンサーサイト

 

バッタンバンの農村から熊本への祈り

仕事で農村を訪れた際、
誘われて村のお寺を訪れた。

聞けば、
日本の開発援助プロジェクトの恩恵を受けてきた村人が熊本地震のことを知り、
お寺に集まってお坊さんにお経を上げてもらうのだそうだ。
日本には様々な支援をしてもらってきたのだから、
痛みを分かち合うのは当然だという。

正直なところ、
少し唐突な気もしなくはなかったが、
仕事でこの村を訪れる開発援助団体スタッフと話し合って決めたのだそうだ。

行ってみて彼らの思いが誠実なものであることはすぐに分かった。
村長さんの声掛けに応じ、
住民らは熊本への義援金も集められ、
用意されたバナーにある被災地の写真に目を潤ませる老人もいた。

Kumamoto 1

そうだ自分も日本人だから声を掛けてもらったのだ。
自分の立場をあらためて認識し直し、
彼らと一緒に手を合わせた。

乾季の終わらないバッタンバンの田舎の青空に、
熊本への祈りの声が響く。

集められた40ドルちょっとのお金をしっかりと受け取り、
村を後にしたときは様々な思いがこみ上げてきた。
地元で起きた東日本大震災のときも、
何も出来なかったことを思い出す。

後日、預かった義援金を大使館へ届けると、
熊本への義援金としては第1号であることが告げられた。
第1号がバッタンバンの田舎から出て来たというのがすごい。
そして、ありがたい。

日本に対し、そしてカンボジアに対し、
何が出来るのか、何をすべきなのか、
あらためて考えてみようと思わせられる出来事であった。

 

タイのデコトラ

デコトラと言えば、
「トラック野郎」菅原文太、義理と人情の世界と思ってしまうが、
タイのデコトラにはまた別の世界が存在している。

タイのデコトラは、
荷受けのためにカンボジア国内にも入ってきており、
国境近くでは珍しくない存在だ。

Dec-Truck 1

顔に当たる正面部分はただただ派手。
電飾はないか、あっても非常にしょぼい。

Deco-Truck 3

日本のデコトラの見せ場である側面部分は地味。
ダンプだから仕方ないのかもしれないが、
連結してるのを活かして何かできそうな感じ。

Deco-Truck 5

裏に回ってみれば、そこはアニメ、ファンタジーの世界。
荒くれ者だが、情けにゃ弱いという世界との差は大きい。

Deco-Truck 4

トラックギャルでも乗らなさそうなキティ風のデザインも。

文化の違いと言えばそれまでだが、
子どもウケだけはよさそうなタイのデコトラである。

 

タイの「夕張メロン」

タイで購入したメロン。

ステッカーには「夕張マスクメロン」とあるが、
あくまでタイ産である。
中も緑色で、
本物の夕張メロンとは別の品種と思われる。
(当たり前か。)

Thai Melon1

Thai Melon2

しかしながら、
味は日本のものに負けず劣らずで、
十分おいしく頂ける。
カンボジアで栽培販売されているものと比べると、
糖度が高く、よりみずみずしいのが特徴的。

「さすがはタイ」という話になりそうだが、
カンボジアも負けてはいられない。

おいしいメロンを探しに、
また農家巡りに出かけてみようと思う。

 

復興

東日本の震災から3年を迎え、
復興状況に関する報道の多い1日となった。

復興とは元どおりにするということなのかもしれないが、
実際はそれほど単純な話ではないのだろう。

津波で建物が流された土地については、
元どおり住民に住んでもらっていいのかという問いもある。

自分の生まれた町では、
震災のもっと前からシャッター商店街が目立ち、
人口も1960年代並みにまで減少していた。
(自分もその町を出たのだから原因の一部である。)
建物やインフラが元どおりになったところで、
こうした社会の問題、在り方に変わりはないであろう。

原発の近くでは、
そもそも復興も何もあったものではないはず。

報道を見ながらモヤモヤと考えているうちに、
今日が終わってしまった。

 

« »

08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。