FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

カンボジア北西部における日本軍の活動

かねてから関心のあったテーマ、
カンボジアにおける日本軍の活動について簡単な調査を行った。
調査を実施したのはバンティアイミアンチェイ州モンコルボレイ郡。

調査のきっかけは、
知人の祖母が1940年代前後に、
モンコルボレイで日本の軍人を見かけたことがあるという話を聞いたことであった。
残念ながら、
そのおばあさんはすでにお亡くなりで、
他に当時の記憶のある方を探したところ、
1929年生まれのおじいさん(87歳)にお会いすることが出来た。

高齢ながら、
当時13、14歳の記憶は今も鮮明で、
おじさんは以下のような話を語ってくれた。

1.1940年頃、タイの軍人と一緒にトラックに乗る日本の軍人を時折見かけることがあった。
  日本兵はきちんとした身なりで、髪は短髪、制服と帽子を被っていた。
  1台のトラックには6、7人の日本兵が乗っていた。

2.日本軍の主な任務はタイとカンボジアを繋ぐ鉄道の警備で、
  任務にはタイの軍隊と共同で当たっていた。

3.当時、プノンペンにはフランス軍がいたが、北西部でフランスの軍人を見ることはなかった。
  フランス軍は日本軍を恐れていた。
  日本軍は非常に強いという印象を持っていた。

4.日本の軍隊は非常に規律正しく、それが日本軍の強さの秘訣であったと思う。
  地元の人々が食料等を無償で提供しようとしても、部隊長の許可なしでは受け取ることはなかった。
  また、盗難等の犯罪を犯す者(軍人)はなく、犯罪があった場合、正式な調査が行われ、
  犯罪を犯した者は厳しく罰せられる規則があるとバッタンバンの友人に聞いたことがある。

5.日本軍が飛行機に乗っているのを見たことがある。
  地上から攻撃されることを恐れないというように、低空で飛んでいたのを覚えている。

6.日本軍はサルを軍事目的で訓練し、
  タイの軍人に聞いたところ、手投げ弾を投げることが出来るとの話であった。

7.日本軍はワット・ルベアに木造の橋を建設した。
  建設した理由は既存の橋が爆撃された後でも、タイとの交通網を確保することであった。

8.お坊さんらとバンコクへ行った際、
  ファーランポーン駅(バンコク中心部の駅)でマレー半島、ビルマ等に出発する日本兵を見た。

文献等によれば、
1945年には明号作戦というフランス軍を駆逐する軍事活動があったというが、
特にそれに関する記憶はないとのこと。
実際、現在のバンティアイミアンチェイ周辺においては、
軍事衝突はなかったのであろう。

すでに80年近い年月を経ており、
当時のことを記憶している方も僅かな状況である。

カンボジアに関る日本人の1人として、
こうした記録を残していかなければならないだろう。
調査継続である。
スポンサーサイト

 

タイ国境地域の発展

昨年暮れの12月18、19日、
フン・セン首相は10年振りにタイを公式訪問した。

アセアン経済共同体(AEC:ASEAN Economic Community)の発足も追い風に、
両国の強力関係が強まることが期待され、注目が集まる中、
表面上はそれなりの成果があったと報道されている。

報道のとおり、
両政府は経済、安全保障、労働、社会、企業の5つの分野で合意。
個人的に注目しているのは、
国境ゲートの増設、
国境を超えた鉄道線路の接続、
タイ国内におけるカンボジア人の労働環境の3点だ。
いずれも北西部経済にとって重要な意味を持つもので、
ここでも何度か書いてきたテーマである。

現状、ポイペトには一般旅行客と貨物が入り乱れているが、
今後、貨物用に2か所の国境ゲートが設置されるとのこと。
旅行者の利便性、製造業の発展の両面でプラスの効果が期待される。
具体的なゲートの設置場所は、
SEZにも近いNong Ian/Stung Bot及びBan Pa Rai/O' Neangの2か所。
タイ側の整備はすでに終わっており、
後はカンボジア側の動きを待つのみといった状況だ。

鉄道についてもタイ側の整備は済んでおり、
カンボジア側の計画も出来上がっているとの話もあることから、
今後の注目はその計画がいつ、どのように実施されうるかという点となる。
今回、首相自らがコミットメントを示したことで、
今後の動きが加速されることも予想される。

タイへの出稼ぎ労働者については、
ここでも何度か書いてきているとおり、
その規模(人数)や強制送還といった経緯も考えると看過出来ないイシューである。
安定、安心した仕事環境は、
特に出稼ぎ者の多い農村部世帯にとって大きな意味を持つものだ。

AECによって今後より多くのカンボジア人がタイを始めとする他のASEAN諸国に流れ出るのか、
逆に工場の進出によって国内に多くの仕事が生まれるのか。
まだまだ予測は難しいところながら、
期待値の上がる年越し前の出来事であった。

 

養蚕農家

大きな期待が持たれているものの、
これまでのところ、
期待ほどの結果の出ていない養蚕業。

数百トンの輸入量に対し、
国内で生産されるシルクの量は数トンに過ぎないままだ。
カンボジア国内の養蚕農家の数も増えてはいない。
(以前訪れたファームは、
観光客向けのパフォーマンスの側面が強い。)

輸入シルクの価格は上昇傾向にあるため、
国内の農家にとっても追い風かと思いきや、
そうでもないようだ。

BMC Silk

伝統的に養蚕が盛んなバンティアイミアンチェイの農家を訪れ、
話を聞いてみると、
様々な社会環境の変化の中での苦労が見えてくる。
なかなか簡単な問題でもなさそうだ。

専門家からは気候や病気、技術の不足といった問題も指摘されているが、
実際に長年養蚕を行ってきた農家の声も大切である。

こうした伝統が途絶えてしまっては、
残念な話。
新たな仕組みづくりを考えてみたいと思う。

 

国道5号線の洪水被害

バッタンバン市内の洪水は収束したものの、
バンティアイミアンチェイ-モンコルボレイ付近の約15km区間、
バッタンバンの西にあるオータキー周辺では、
いまだに国道5号線が冠水したままである。

BMC Flood1

山側で降った大量の雨が国道を越えてトンレサップ湖へ流れ出しており、
それによってあいた穴が車やバイクの通行を困難にしている状況。
14日現在、被害の最も大きいバンティアイミアンチェイのすぐ東側では、
車の列が約1㎞程続いている。

BMC Flood2

クリアランスの高い4輪駆動車であれば通行に問題はないが、
立ち往生するトラック等の姿も見られるので、
注意が必要だ。

Capital Busは通常運行と言っているが、
実際にはモンコルボレイ-バンティアイミアンチャイ間は不通で、
会社が提供するトゥクトゥクでの移動となっている。
(乗客からの情報。)

その他地域の状況は確認できていないが、
コンピンプイはいまだに通行不可とのこと。

国道6号線はシェムリアップ空港近くに若干水が残っているが、
概ね問題なし。

 

水かけ祭

タイの新年と言えば水かけがつきものであるが、
カンボジアでは数年前から禁止となっている。

と、思っていると、
タイ国境近くのバンティエイミアンチェイ周辺の路上で、
大々的な水かけ集団を複数目撃した。

国道5号線の沿道には、
水の入ったビニール袋を走行中のバイクめがけて投げつける子ども、
バケツに入った水を手桶で汲んでぶっかける若者、
大音響の音楽にあわせて踊るギャル(?)などが並ぶ。
これに対し、道路上には、
水鉄砲で応戦するバイカー、
ピックアップの荷台から水入り袋の集中攻撃を行う軍団、
ただただ水を掛けられるだけの2人乗りカップルが行ったり来たり。

Khmer New Year 2013

100㎞圏内のシェムリアップやバッタンバンでは行われていないことから、
かなり地域限定的な現象である。
タイに近いからというのがその背景であろう。

毎年交通事故の多発する時期だけに、
その点が心配だが、
それこそ盛り上がってる祭に水をかけるような話だろうか。
真面目に心配してしまう。

 

« »

10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。