FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

2016年のまとめ

年齢のせいか、
仕事の忙しさのせいか、
2016年は以前にもまして早く去ってしまったように思う。
年の瀬、youtubeで「芝浜」を聴きながら、
この一年をまとめてみよう。

1.農作物価格の下落
昨年は雨が降らずに影響のあったカンボジアの農業だが、
今年は作物価格の下落の影響が大きかった。
天候と市場という2つのリスクの狭間で生きるカンボジアの農家にとっては、
厳しい年が続いていると言えよう。

2.不動産バブル?
不動産価格の高騰、それに伴うビジネス展開が更に進んでいる。
外国人にとっては、
コンドミニアムへの投資というチャンス(実際には怪しいが)であると同時に、
賃貸物件で生活や商売を行う立場としてはなかなか辛い状況かもしれない。
不動産開発の波は確実に地方にも届いており、
全国的なブームとなりつつある。
コンドミニアム投資については懐疑的な見方も広がりつつ、
ブームはまだしばらく続きそうな気配である。

3.国連による格付けの変化
今年、世銀のデータにおいて、
カンボジアは低所得国(Low Income Country)から
低中所得国(Lower Middle Income Country)へと格上げとなった。
別の国連基準では、
後発開発途上国(Least Developed Countries)に残されたままだが、
これも今後10年で卒業出来ると予測されている。
格付けが上がることで、
無償援助が減少したり、貿易における保護がなくなる等の問題はあるが、
経済成長により人々の暮らしがよくなることは喜ばしいことである。

4.中国の影響の拡大
観光、ビジネス・投資、政治等といった分野において、
中国の存在感がより増した一年であったように思う。
習近平国家主席の訪カが最も象徴的な出来事であるが、
各地で見られる公共工事(中国人のエンジニアやワーカーが多い)、
シェムリアップのパブストリート周辺の観光バスやこれを狙った土産物屋等、
どこへ行っても中国関連の人・モノを目にするようになった印象である。
今後も加速するであろうこの傾向には注意すべきであろう。

5.バッタンバンの渋滞
つい先日のことだが、
市内中心部、サンカエ川に架かる橋で渋滞が発生していた。
クリスマスのお祭り騒ぎの影響によるもので、
2003年にこの地を初めて訪れてから初めて見る光景であった。
国が「豊か」になり、自動車の所有率が上がる中、
今後こうした風景は日常のものとなっていくのかもしれない。
街の風景はせわしいものになろうとも、
人々の笑顔や心は穏やさは変わらないでいて欲しいものだ。

こうして書き出してみると、
若干ネガティブな内容が多いように思われる。
個人的な性格もあるかもしれないが、
年齢や滞在歴を重ねた結果でもあろう。
ついつい心配ばかりが先に出てしまうようだ。

皆様、よいお年を。
スポンサーサイト

 

プミポン国王崩御の影響

以前よりご体調が心配されていたタイのプミポン国王崩御の報が入った。
タイは今後1年国を挙げて喪に服すという。

カンボジアにおける報道でも大きく取り上げられてはいるものの、
やはり他国の話という印象が強いようだ。

しかし、
両国の経済的な繋がりを考えれば、
今後様々な形で影響が出て来ることが懸念される。

タイの代わりにカンボジアを訪れる旅行者が増えるかもしれない。
消費・経済活動の落ち込みによりカンボジア産品の対タイ輸出が減少することも考えられる。
同様の理由でタイへ出稼ぎに出ている者が職を失うこともあり得るだろう。

また、より長期的には懸念されるのは、
王位継承による影響である。

A Kingdom in Crisisで著者Marshallが指摘したことが正しければ、
政治分野での混乱も十分考えられるシナリオ。
すでに軍事政権下に置かれているタイだが、
更なる混の可能性もあり得ない話ではない。

今後しばらくはタイ発のニュース、
国境周辺の動きに注目していこうと思う。

 

中国によるダム工事

中国のカンボジア進出が止まらない。

官、民の如何に関わらず、
その数や量において日本を凌駕し続ける中国であるが、
バッタンバンの農村部でもそれを感じさせられることが多い。
州内南西部で進められているダム工事は、
その規模の大きさからも中国の存在感を強く印象付けるものだ。

Chinese Dam Const1

Chinese Dam Const2

詳細は不明ながらも、
環境に与えるインパクトは決して小さくないはず。
かの国の開発事業においてそうした検証がなされているとは思えず、
その点についても不安が募る。

官、民の如何に関わらず、
よく言えば慎重な日本のアプローチは確実性、安全性、安定性が高い反面、
時間がかかり過ぎるというコメントがよく聞かれる。
よいところを保ちつつ、よりスピーディな展開を進めることが重要ということであろう。

単純な開発競争、投資競争ではないのだが、
こうした情景を見るにつけ何とも言えないプレッシャーを感じてしまうのだ。

 

くし刺し蒸し玉子

また、変なタイトルになってしまった。

これを初めて見たのは2000年代中盤だったか。
やけに耳につく宣伝文句を連呼しながら(カセットテープのようなものか)売り歩くバイクの売り子が、
気が付けば町中で出くわすようになったような記憶がある。

それ以前はなかったのか、
急に増えたのか、
今となっては定かではない。

Boiled Egg1

Boiled Egg2

殻の付いたままの玉子を串に刺すというのは、
普通に考えればよく分からない食べ物だ。
うるさい宣伝に辟易していたこともあり、
そんなもん食べるかと思い早10年。

エビのお菓子と合わせて、
こちらも食することとなった。
面白い。

何が面白いかと言えば、
バーベキューのような体をしつつも、
実は白身だけの蒸し玉子なのだ。
売り子が教えてくれたレシピは以下のとおり。

1.鶏卵の殻に小さな穴を開け、それようの器具で黄身だけを取り出す。
(黄身はお菓子用となる。)

2.穴から水やコショウ等の調味料を入れ、卵を蒸す。

3.串刺しにする。

黄身から出来たお菓子は、
以下のようにかき氷の具等として用いられる。
(個人的には甘過ぎてギブアップ。)

Egg Sweets

玉子にしてもお菓子にしても、
カンボジア固有の食べ物なのだろうか。

次回、タイやベトナム、ラオスを訪れる際には、
地元の人にこれらの写真を見せて聞き込みとしてみようと思う。

 

小エビのお菓子

初めて食べたのはプノンペンの水祭りだった。
10年以上前のことだ。

駄菓子のようでありながら、
本物の小エビが入っておりそれなりに栄養価もありそうなお菓子。
つい「えびせん」と呼びたくなるが、
それはまた別にあるのでとりあえず「お菓子」と呼んでおく。
クメール語の名前は「小エビ揚げ」を意味する。

味は見た目から想像されるようなもので、
よく言えば食べやすいもの。
(油が若干しつこいかもしれない。)

Fried Shrimp

普段お菓子類を口にすることはないため、
その水祭り以降食べたこともなかったのだが、
流れで立ち寄ったコンピンプイのお店で知り合いに分けてもらうことになった。
どこで獲れたエビかを聞いてみると、
お店のお姉さんが指さす先はすぐ脇の貯水池。
嗚呼!

海辺育ちのため、
エビと見れば海のものと思い込んでしまっていた。
盲点である。

このお菓子自体は全国各地にあるため、
一村一品とまではいかないが、
勝手に観光協会としてはやはり一押ししておきたい。
「当店ではコンピンプイ産のエビのみ使用しております。」

 

« »

10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。