FC2ブログ

バッタンバンで晴読雨耕

バッタンバンを中心としたカンボジア北西部の情報ブログ-大学教育、地雷、農業、開発、投資に関する話題から ホテル、レストラン情報まで

 

Andrew Yang (アンドリュー・ヤン)とMATH

他の国や国民を羨ましいと思うことはそれ程ないのだが、
Andrew Yangのような大統領候補者が出てくるアメリカはいいなあと思ってしまった。

それだけ今のアメリカの状況が酷いという見方も出来るのかもしれない。
酷い状況だからこそ有能な人(または少なくともそう見える人)が目立つと。
しかし、それを差し引いて考えても、
Yangのスピーチには見入ってしまう魅力があるのも事実だ。
他の国においても、また過去の大統領選においても、
税金や社会保障、教育、外交の話が面白くなることは中々ないのだが、
Yangの話は直接的な利害関係のない日本人の自分が聴いていても面白い。

保守派の論客、左派をこき下ろすのが大得意なBen Shapiroですら、
Yangとの議論は楽しんでいる様子が伝わって来るし、リスペクトも感じ取れる。
Joe Rogan(UFCの人!)とのトークも面白かった。
先日開催されたオハイオでの候補者討論会でも限られた時間でしっかりとした存在感を示した。
個人的には圧倒していた印象だ。

18歳以上の国民には1,000ドル/月のベーシックインカムをというのが主たる主張で、
他の候補者との大きな差別化に繋がっている。
面白いのはそのラジカルな政策だけではない。

スピーチで繰り返される
「トランプの真逆は数学の得意なアジア系!」
という挑発的なパンチライン。
トランプ大統領の「MAGA(Make America Great Again)」に対する、
「MATH(Make America Think Harder)」という秀逸なコピー。

トランプは「数学の出来ない白人」という皮肉にもなっているが、
後者は当然算数(Math)とも読め、
「アジア人は算数が得意」というステレオタイプ自体もジョークにしてしまっている。
(実際、SAT等での平均点は高いのだが。)

何気なく見始めたYangのスピーチに見入ってしまい、
気が付けばすっかり「Yang Gang」になってしまった。
ここでもしっかりライミングしてるし、
アジアテイストがWu-Tang Clanっぽくていい。

今のところ大手メディアにはあまり注目されてはいないが、
New York Times等の大手メディアは4年前にも大コケしているので、
今回もそれに期待してみたい。
スポンサーサイト



 

書籍 「民話の思想」

本書を読み、子どもの頃に慣れ親しんだ昔話のことや、
カンボジアで見聞きした話のこと等、
様々なことに考えを巡らせることとなった。

子どもの頃に読んだ民話(というよりは童話や昔話)には何か教訓めいたものがあり、
簡単に言えば、正直で勤勉に生きることが正しいという価値観があったように思う。
「花咲じいさん」、「サルカニ合戦」、「鶴の恩返し」といった日本の昔話に限らず、
「金の斧、銀の斧」、「ウサギとカメ」、「アリとキリギリス」等といったお話にも、
そんな価値観が反映されていたように思う。

本書では日本各地に伝承されて来た様々な民話が紹介され、
その中に透けて見える伝統的な価値観、思想についての考察が行われる。
似たような話でも場所や時代によって異なる展開や結末であったりするのも面白い。
本書における価値観、思想についての考察は、
「善人と悪人」、「民話と外来思想」の2つに大きく分けられる。

前者については、「またうど」という人の在り方に係るものが中心だ。
これは「花咲じいさん」で言うところの「正直じいさん」に当たり、
子ども向けの昔話においては「正直じいさん」は「意地悪じいさん」という単純な対比となるのだが、
元の民話における「またうど」はもう少し複雑な定義を持ったものであるそうだ。

「またうど」は名詞であり、完人、全人、正人、真人の字が当てられ、
いずれも「またい」者のことを指す。

では、「またい」とは?
明代の中国で書かれた「日本風土記」では、
「至誠人」が「莫打許多(注:マタヒトの音訳、またい人」と訳されているそうだ。
「またい」の1つの解釈は至極誠実であることとなる。
また、1603年刊の「日葡辞書」では、
「純な、素直な、また、正直な」となっているそうだ。(P. 14)
1867年刊の「和英語林集成」では「またい」のシノニム(類義語)として、
「スナオ」、「オトナシイ」が挙げられているとのこと。(P. 22)

温和にして「腹立てず」の性格が、「またうど」の要件であったことは、『仁勢物語』第10段、「父はまたうどにて、母なむ立腹なりける」という一説に語りつくされていよう。(注:「花咲じいさんの元の1つである「枯れ木に花咲かせ親仁」が)愛犬を惨殺され、いじわる爺から、「泣く事はござらぬ」などと叱られながら、腹も立てず、文句も言わずに、松の木を受け取って帰る「オトナシイ」性格。「オトナシイ」という性格は、「弱い」という性格に通ずる一面を持つ。特に、「またい」の語を「弱い」という意味で使用している高知方言(『上ノ加江町史』)の存在をかえりみるとき、正直で温和なこの爺さんが、いかに昔話の主人公たるにふさわしい善良な弱者だったかということがよく理解されると思う。(P. 22-24)

おとなしさも、お人よしも、ここまでくれば、ほとんど即身成仏の感がある。いわゆる「仏のようなまたうど」(幸若「鳥帽子折」)として、生きながら仏の待遇を受けたのも、もっともだといわなくてはならない。むろん、いつの時代にも、知識人は、こうした種類の善人を、軽蔑の眼でしか見ようとはしない。(中略)
馬鹿だろうが、お人よしだろうが、伝統志向型の社会においては、「正人(またうど)」こそが善の理想像であった。(P. 59-60)

正直、親切、勤勉といった好ましい性格が「またうど」の要素ではあるが、
同時におとなしく、弱いといった一見マイナスの要素もこれに含まれているのだ。

そして「またうど」と対比されるのが「隣の爺」である。
「花咲じいさん」でいう「意地悪じいさん」がこれに当てはまる。

(省略)あるときは「いじわる」。あるときは「慾深」、あるときは「怠惰」など、さまざまな角度から描写されている、あの隣の爺は、いったいどのような呼称で包括的に把握したらよいか。かれのばあい、その性格的特徴は、慳貧性と懈怠性の二つに要約された。(P. 114)

まとめれば、本書における佐竹の主張は、
日本の民話における善人の象徴が「またうど」であり、
悪人の象徴が「隣の爺」という価値観が基本構造にあるというものになる。

それでは、外来思想の影響とは何か?
仏教思想に基づく「因果」、
儒教思想に基づく「天命」、
両者と関連する「孝」である。
(「孝」の要素は外来思想とは別にそもそも「またうど」の要素であったとも理解されるようだ。)

日本の民話は「またうど」、「隣の爺」という基本構造をベースに、
こうした外来の思想が加わり、様々な形で発展し、伝承されて来たというまとめになろうか。

しかしながら、色々な昔話を考えてみると、
「桃太郎」や[金太郎」やのように語り継がれてはいるものの、
あまり思想や教訓めいたものがないものもあるように思われる。
これらの話はどのようにして語り継がれるようになったのだろうか?
娯楽の少ない時代のエンタメだったと片付けてしまっていいのだろうか?

次は「カンボジアの民話世界」や他のカンボジアの民話集に当たって、
日本の民話との類似性や非類似性について考えてみたいと思う。


 

コンテナバー

プノンペン、シェムリアップ、ポイぺトと続いたコンテナバーが、
バッタンバンの川沿いにも登場した。

オープン早々に中年の友人と訪れてみたが、
主たる客層は地元の若者。
スマホを片手に写真を撮る姿は日本の若者と同じなのであろう。

Container Bar 1

音楽がうるさいのはカンボジアの飲み屋(ビアガーデン)としては当たり前なので我慢するとして、
コンテナに合わせるためか、
ちょっと高めに設定された椅子には居心地の悪さを感じてしまう。

Container Bar 2

中は確かにきれいに作られており、
スマホで写真を撮り、facebookにアップし、「いいね」をもらうのには都合がよいのだろう。
instagramはそれ程やっていないように思うので、
facebook映えするということか。

Container Bar 3

プノンペン、シェムリアップ、ポイぺトのいずれでも訪れてみたが、
椅子だけでなくなんとも言えない居心地の悪さのみを感じてしまう。
ビールを片手にその居心地の悪さについて、
簡単に分析をしてみた結果が以下である。

・別にコンテナでなくてもよい。
・それ程目新しいメニューがある訳ではない。
・音楽がうるさくて会話が大変。
・椅子が高い。
・若者が多く疎外感がある。

ネガティブな発言だけとなってしまってはよくない。
ここから若者たちの新たな友情や恋が芽生えることを、
少し遠くから祈ることにしよう。

 

Café AmazonとKFC 

チェーン店の進出については数年前に記事にしているが、
また新たな波が続々と押し寄せて来ている。

まずは、このところプノンペンで無限増殖を続けているCafé Amazon。
これまでにオープンしているのは国道5号線の独立店と、
以前紹介したPTT内の店舗の2つ。

プノンペン同様、
シックなデザインの独立店に対し、
PTT内の店舗はアマゾンチックなデザイン。

Amazon 1

Amazon 2

Amazon 3

プノンペンやシェムリアップ同様、
客層は若者が多く、
コーヒー自体を楽しみというよりは、
その場にいるステータスやお洒落感を楽しむのが主目的と思われる。
実際、ガツンとしたコーヒーのオーダーは稀で、
甘いコーヒー飲料が売れ筋である。
一昔前の日本のスターバックスに似た状況と言えよう。

そして、日本でもお馴染みのKFCも川沿いにオープンしている。
フレンチコロニアル建築の建物の外観はそのままの形で利用しているところには、
敬意を表したい。

KFC.jpg

これらの他、
やはりプノンペンやシェムリアップで人気のコンテナバーや、
韓国風ラーメン、韓国系カフェチェーン店等もこの数カ月でオープンしており、
街の雰囲気もどんどん変わって来ている印象だ。

国内政治の動きなぞどこ吹く風。
若者にとってはお洒落であること、先端を行っていることのほうが大切というのは世の常なのかもしれない。
カンボジアの友人ら(皆軒並み中年)とは、
若者が多い店には入りにくいという共通の見解で一致している。

発展への喜びと過去への郷愁の間でオロオロする。
これぞオールドスクールの在り方である。

次回は意を決してコンテナバーについて記事を書いてみようと思う。

 

たこ焼き屋台

いつからだろうか。
川沿いに「TAKOYAKI」の屋台を目にするようになった。
屋号は「TAKOSHI」。

タイやフィリピンで同様のものを見たことがあり、
プノンペンでもイオン等でたこ焼きが売られている(いた?)が、
バッタンバンでは恐らくこれが初であろう。

Takoyaki 1

屋台のお兄ちゃんに話を聞いてみると、
やはりタイから来たものとのこと。
1日当たりに100セットは売れているとのことで、
その手さばきは手慣れたものだ。

Takoyaki 2

味(中身)はカニカマ、イカ、ツナ、ハムの4種類。
タコがないのはご愛嬌。
価格は4個入りが3,000リエル(0.75ドル)、
6個入りが4,500リエル(1.1ドル)、
8個入りが6,000リエル(1.5ドル)。
決して高い値段ではないだろう。

Takoyaki 3

今回はイカ入りを試してみたが、
まあ概ね想像したとおりの味。
ソースがかかった食い物がマズイ訳はない
串の上についたタコがデザインされた旗にジャパンが感じられる。

Takoyaki 4

応援したいお店リストにしっかりと入ったたこ焼き屋台。
バッタンバンという土地柄とは何の関係もないが、
お越しの際は是非ご賞味あれ。

(追記)場所は川沿いLGショップ近く。出店は夕方から。

 

« »

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

バッタンバン長

Author:バッタンバン長
カンボジア王国バッタンバン在住、バッタンバン長です。
バッタンバンを中心に、開発援助業務、大学講師、社会調査、日系企業進出・投資のお手伝い等をやっております。
お問い合わせ等は、下のメールフォームからお願いします。

記事の検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR